収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びとコスト(VQ+F)の伸びを比例させない関係を築かなければ、利益(G)の大幅な増加は望めない。 収入(PQ)が150%伸びたとしても、コスト(VQ+F)は5%程度しか伸びないという収益構造を創ることだ。 これがTOCの本質である。 私がTOC導入を手掛けた会社は年間500万円だった純利益が、翌年には6000万円(無投資)。 さらにその翌年には1億4000万円と大幅な利益像を果たした。 これは、収入とコストの比例関係を意図的に崩したからである。

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.