2019/02/14

ダメダメは変えるサイン
 
何か問題やクレームが起こったときに、1回目は問題対処をしますが、2回目になったら「仕組みを変える」。
ダメダメは変えるサイン。
これが私のルール。
 
人を変えても、配置転換をすればまた問題は起こる。
だから「仕組みを変えなければ根絶できません」
 
見えにくい帳票ならば文字を太く大きくする。
すぐ対処するために通知機能付きFAXに変える。
誰もが探せるようファイル形式を変える。
などなど。
 
これらは、問題が起こったから、二度と同じ問題が起こらないように変...

2019/02/02

仕事を断ることができないリーダーは最悪の事態を招く。
 
製造業などで、もうこれ以上入らない、満杯であるといったときに、長年のお客様から急ぎの仕事が入った。
この仕事は受けるべきかどうかと判断を迫られる時がある。
 
答えは「断ればいい」。
 
物理的にできもしないことを、なんとかやろうという精神論は立派だが、すぐに破綻する。たいがい他のお客様に納期割れという迷惑をかけるか、最後になってできませんといって怒鳴られるか。社員を怒らせてしまうかのいずれかだろう。
 
物理的にできないものを、...

2019/01/28

まだ細かくするのか
 
宇宙から地球を眺めれば、業務フローなどちっぽけなものに映る。
 
そのちっぽけなものを、もっと細かくして何が得られるのだろう?
 
デザインや企画などクリエイティブな仕事も、宇宙から眺めれば非クリエイティブといってる仕事と大差はない。
 
ようは、何かしらの仕事が入ってきて、決められた時間内で出ていく。ということでしかない。
中身はそれぞれあったとしても、それは「言い訳」のようなもので、保身であったり、自己顕示であったりするだけのこと。
 
時間は自己都合であろう...

2019/01/10

MGでもTOC研修でも、スピードが上がって忙しくなるにつれ「場が乱れてくる」。

不要な資料やカードは散乱し、記帳の文字は汚く、お菓子や飲み物があちこちに。

 

会社も同じだ。

忙しくなるほど、繁忙期ほど、会社内が汚く、乱れてくる。

 

どんなに忙しくとも、繁忙期だろうが何だろうが、常に場がきれいであること。

これがホンモノ。

忙しさに心を奪われると、目が見えなくなる。

忙しいとは心を亡ぼすと書くが、心ではなく、それまで見えていたものが見えなくなることだと思います。

 

武道やスポーツでも上級者になるほど、周囲...

2019/01/07

毎年年末になると、カレンダーを3本いただく。
それも決まった会社のもの。
 
昔は3本も頂きたいというと嫌な顔をされたものだが、今は3本も貰って頂けると喜ばれる時代になった。
 
その3本のカレンダーを横に並べて三ヶ月カレンダーとして使う。

もちろん当社でもグーグルカレンダーを併用しているのだが、アナログなカレンダー表示が結構役立つ。
 
世の中なんでもかんでもデジタル、クラウドと言ってるが、あれは間違いで、瞬時の判断には向かない。アナログの手書きは即断即決向きだ。
  
私は若い時からコ...

Please reload