• 清水信博

「蛇口」は三つ持つ

私は多角化とは、付加価値額(粗利益もしくはMQ)という水が出る蛇口を増やすことだと考えている。35歳の頃、日本経営合理化協会の牟田学さんが書いた社長業というブ厚い本を読んだ。  

そこには見込型か受注型かと書いてあって、受注型一辺倒では危ないから見込型の要素を入れろと書いてあった。これを読んでなるほどと思ったが、すぐに安定型を創れば3本の柱になると思って、その後三十年ほど、この性質による事業・製品の分類と実践に取り組むこととなった。  

世の中で言っている多くの多角化は、受注型ばかり開発し相手の言いなりになって価格も数量も押さえられて不満を言っている。 もしくは派手な見込型ばかり増やして資金難に陥っている。 事業数は多くとも性質はひとつしかない。 これは多角化ではなく、多数化でしかない。  

だがそうは言っても、いきなりは難しいだろう。 私だって何十年もかかってようやく形ができたかなという程度なのだから。一ヶ月や一年でできるはずがない。 だが企業が受けるリスクを軽減したいのであれば、異なるMQの蛇口を持つしかない。  

大きな山は少し崩すのが良いのだから、 たった一つの蛇口に全てのMQを頼ることがいかに怖いかだ。  

ちなみに3つの蛇口は補完関係にあることが望ましい。 そして、それぞれの蛇口からは良質のMQが流れ出てくるよう育てていきたい。

  もしいつまでも良質のMQが蛇口から出てこないようであれば、

それは間違った事業に手を染めたか、

もしくは事業間の補完関係が崩れているかの二つではないかと思う。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付