• 清水信博

インターネット

インターネットは、ちょうど全国津々浦々にレールを敷いたようなものであって、それだけでは通信革命とはいえない。  

新潟県に新幹線が開通しても変化はあまり見られなかったが、高速道路で「物流」が加わった瞬間に地方経済が変わった。人間の移動で経済活性化は起こらない。   

同様に、インターネットで何が変わったかということは興味深い。 私はインターネットで「検索」ができることが良かった。   

その理由は、何かを知ろうとした時に、まんべんなく知るよりも、ひとつのことを深く掘り下げたほうが身につくと教わった。   例えば、紅茶を現在から過去に遡って調べていく。 そうすると紅茶に関する事は全て理解できる。 もし店頭に並んでいる紅茶の名前や産地だけ知っても、あまり身につかない。 それは断片的な知識であって、智慧にはならないと教わった。  

だからインターネットでWikipediaや辞書、様々な文献を一瞬のうちに手に入れられるのはありがたい。  

網の目のようにめぐらされたネットから何を得るか。 与えられるものではなく、得るものに目を向けると、インターネットとの付き合い方も変わってくる。

最新記事

すべて表示

経営者の器が大きければ それに見合った規模になればいいし、 器が小さければ 小さいままでやっていけばいい。 そういうことだと思います。 だから私はマイクロ企業のままでいくし、 それでいいと思っています。 悲劇は、 器の小さいものが大規模の舵取りを するようになったときであり、 喜劇は、 その逆のときである。

若い頃凄いと言われた人は早期熟成型。若い頃は大したことがないけれども年輪を重ねるに従って頭角を表すのが大器晩成型。 私はどちらがいいかというよりも、これはエネルギー量の問題かもしれないと思っている。 早期熟成型は若い頃エネルギーの大半を消費して活躍。 大器晩成型は省エネで過ごして、晩年エネルギーを消費して活躍ということかもしれない。 エネルギー量も「in-out-残」でいうと、使用するだけだと、ど

これまでの経営理論の登場人物は男性ばかりでした。 歴史上の著名人も同様でした。 ところが、ここ最近、フォレット、ナイチンゲール、イーガー博士、レイチェル・カーソンなどを読んでいてふと気づきました。 それは、男性的経営は力強いかもしれませんが、男臭いし、どこか権力の臭いがします。そして平等という声もうつろに聞こえます。たぶん、私が抱いたマネジメントの違和感はこれだったのかもしれません。 ですから、マ