• 清水信博

インターネット

インターネットは、ちょうど全国津々浦々にレールを敷いたようなものであって、それだけでは通信革命とはいえない。  

新潟県に新幹線が開通しても変化はあまり見られなかったが、高速道路で「物流」が加わった瞬間に地方経済が変わった。人間の移動で経済活性化は起こらない。   

同様に、インターネットで何が変わったかということは興味深い。 私はインターネットで「検索」ができることが良かった。   

その理由は、何かを知ろうとした時に、まんべんなく知るよりも、ひとつのことを深く掘り下げたほうが身につくと教わった。   例えば、紅茶を現在から過去に遡って調べていく。 そうすると紅茶に関する事は全て理解できる。 もし店頭に並んでいる紅茶の名前や産地だけ知っても、あまり身につかない。 それは断片的な知識であって、智慧にはならないと教わった。  

だからインターネットでWikipediaや辞書、様々な文献を一瞬のうちに手に入れられるのはありがたい。  

網の目のようにめぐらされたネットから何を得るか。 与えられるものではなく、得るものに目を向けると、インターネットとの付き合い方も変わってくる。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付