• 清水信博

リスクについて

システムを強襲する、予測だにしないリスクをどのように受け止めるか。 回避できるのであれば、それに越したことはない。 もし回避できないのであれば、そのショックは軽く受け止めたい。 これがバッファ(Buffer)の基本概念である。  

まず「リスクとは、誰でも、不均等に、不規則に、不回避」に訪れるということ。 しかも予測は不可能である。これを認めるしかない。  

不規則にやってくるし、全員均等に受けることもない。 私だけ何故?ということもあれば、わずかしか訪れないこともある。 まさに不確実である。  

物理的なリスクに対しては、時間、物量、空間、お金等といったBufferを適所適量設けておけば軽く受け止めるクッションになる。 一方、精神的なリスクに対しては、精神的支柱を持っているかいないかで大きく変わってくる。リスクに右往左往されない自分自身の心の構築をするかどうかで決まる。  

母は何があっても大丈夫と戦中戦後の大変な時を生きてきた。 いつも家族を励ます、力強く、そして優しい心で生きてきた。  

こうした強い心、何があろうと前向きに、リスクを受け止めるどころか跳ね返す強い心は、いったいどこから生まれてきたのだろうか。 ひとつは決心覚悟かもしれない。 何があろうと、決して負けないと決めて生きてきたからかもしれない。 物理的なBufferも、もちろん大事ではあるけれど、その土台となる心のBufferというか決意はより大事なものになる。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

真の生産性向上

3人でやっている仕事を5人でやってはいけない。 人が増えると逆効率となることがある。 3人でやっていることを、2人で楽々と7割の時間でこなすこと。 それが正しい「仕組みづくり」である。 私は印刷会社の作業改革でわずか数ヶ月で生産性を10倍にした。 その論文は日本印刷技術協会に応募して賞をいただいた。 ここには、いくつかのヒントがある。 まず全工程を追跡調査したときに、何度も何度も同じ作業やチェック

高い目標

P.F.ドラッカーが言っている高い目標について考えてみる。 ①高い目標はリスク軽減。 通常、目標より実績のほうが低くなる傾向がある。そのために少し高い目標設定は実際的だといえる。また何らかのリスクに対応するための利益Bufferと見ることもできる。 ②高い目標は、現在いる社員のベースアップと、増員する新人の給与の両方の増額を見込んでいる。 ③必要利益を超過したものについては、企業の取り分(企業分配

ベテラン

ベテランという名の傲慢も、 還暦過ぎたら一回りなので、 初心に戻るといいのかもしれない。 長く同じ世界に浸かっていると、 すべてを知っているかのような錯覚に陥ることがある。 とくにベテランと言われる人はよほど注意したほうがいいようだ。 それは言動に現れる。 言葉が荒っぽく、汚くなってきたらもう危ない。 年下の人にも敬意を払うことだ。 母は孫が二十歳を過ぎた瞬間に「○○ちゃん」から、 「○○さん」と

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.