• 清水信博

リスクに備える

松下幸之助の名言「設備は七割で回せ」は、様々なリスク対応でもある。 今回のような災害になると、ますますその言葉の重要性を感じる。   企業は放っておくとフル活動を最良だと勘違いをする。 設備はもちろん、人も、サービスですら「極限までコキ使う」という風潮がある。 今回の件も落ち着いたら、また「フルにコキ使う」という考え方に逆戻りする可能性はある。    

損益分岐点比率でいえば70%A(優良)クラスとなるのは、たしかに大変かもしれない。 だが私は、入ってくるものを1本ではなく3本の柱で増やしていくことをやってきたし、お勧めしている。 いわゆる事業や商品の3本柱だが、何となく3本作ればいいというものではない。その性質を変えていかなければリスクは大きくなるばかりである。    一方、出ていくほうの見直しはいつの世も大事であって、事業構造に見合った人員か、経費も効果測定をしているかなど、見直すものはいくらでもある。

わずか5万円といえども、1年で60万、10年で600万と考えると、その5万円が必要かどうかを再考できる。 また5万円の経費が、いくらの付加価値を生むのかを考えておくのもいい。 人件費の何倍の付加価値を生むのかという、賃金付加価値生産性と同じく、人件費以外の経費生産性もある。   経費生産性が2倍であるならば、5万円の経費は10万円の付加価値を「いますぐ産み出す」くらいで考えるのが正しい。 一年後では遅すぎる、1年後は60万円の2倍の120万円を生み出してちょうど釣り合うからだ。いや未来の120万は低価値となるから、生産性はもっと高くなければ釣り合わないことになる。   ※入るを量りて出ずるを為す(制する)   この言葉は入っくるだけで、出さずに溜め込むという意味ではない。ケチケチ経営という意味でもない。   経営構造をAランクにもっていくための基本動作と考えると腑に落ちる。 入ってくる算段を立て、出るものを押さえて、どんな不況の波が来ようとも乗り切る強い体制づくりをするという風に考えるといい。時々は楽しむための原資も必要になるだろうし。   またこうして蓄えたものは、ここぞという時に「使う」ためにあるのであって資金は床下に埋めて永久保存するものではない。

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付