• 清水信博

リスクに備える

松下幸之助の名言「設備は七割で回せ」は、様々なリスク対応でもある。 今回のような災害になると、ますますその言葉の重要性を感じる。   企業は放っておくとフル活動を最良だと勘違いをする。 設備はもちろん、人も、サービスですら「極限までコキ使う」という風潮がある。 今回の件も落ち着いたら、また「フルにコキ使う」という考え方に逆戻りする可能性はある。    

損益分岐点比率でいえば70%A(優良)クラスとなるのは、たしかに大変かもしれない。 だが私は、入ってくるものを1本ではなく3本の柱で増やしていくことをやってきたし、お勧めしている。 いわゆる事業や商品の3本柱だが、何となく3本作ればいいというものではない。その性質を変えていかなければリスクは大きくなるばかりである。    一方、出ていくほうの見直しはいつの世も大事であって、事業構造に見合った人員か、経費も効果測定をしているかなど、見直すものはいくらでもある。

わずか5万円といえども、1年で60万、10年で600万と考えると、その5万円が必要かどうかを再考できる。 また5万円の経費が、いくらの付加価値を生むのかを考えておくのもいい。 人件費の何倍の付加価値を生むのかという、賃金付加価値生産性と同じく、人件費以外の経費生産性もある。   経費生産性が2倍であるならば、5万円の経費は10万円の付加価値を「いますぐ産み出す」くらいで考えるのが正しい。 一年後では遅すぎる、1年後は60万円の2倍の120万円を生み出してちょうど釣り合うからだ。いや未来の120万は低価値となるから、生産性はもっと高くなければ釣り合わないことになる。   ※入るを量りて出ずるを為す(制する)   この言葉は入っくるだけで、出さずに溜め込むという意味ではない。ケチケチ経営という意味でもない。   経営構造をAランクにもっていくための基本動作と考えると腑に落ちる。 入ってくる算段を立て、出るものを押さえて、どんな不況の波が来ようとも乗り切る強い体制づくりをするという風に考えるといい。時々は楽しむための原資も必要になるだろうし。   またこうして蓄えたものは、ここぞという時に「使う」ためにあるのであって資金は床下に埋めて永久保存するものではない。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

真の生産性向上

3人でやっている仕事を5人でやってはいけない。 人が増えると逆効率となることがある。 3人でやっていることを、2人で楽々と7割の時間でこなすこと。 それが正しい「仕組みづくり」である。 私は印刷会社の作業改革でわずか数ヶ月で生産性を10倍にした。 その論文は日本印刷技術協会に応募して賞をいただいた。 ここには、いくつかのヒントがある。 まず全工程を追跡調査したときに、何度も何度も同じ作業やチェック

高い目標

P.F.ドラッカーが言っている高い目標について考えてみる。 ①高い目標はリスク軽減。 通常、目標より実績のほうが低くなる傾向がある。そのために少し高い目標設定は実際的だといえる。また何らかのリスクに対応するための利益Bufferと見ることもできる。 ②高い目標は、現在いる社員のベースアップと、増員する新人の給与の両方の増額を見込んでいる。 ③必要利益を超過したものについては、企業の取り分(企業分配

ベテラン

ベテランという名の傲慢も、 還暦過ぎたら一回りなので、 初心に戻るといいのかもしれない。 長く同じ世界に浸かっていると、 すべてを知っているかのような錯覚に陥ることがある。 とくにベテランと言われる人はよほど注意したほうがいいようだ。 それは言動に現れる。 言葉が荒っぽく、汚くなってきたらもう危ない。 年下の人にも敬意を払うことだ。 母は孫が二十歳を過ぎた瞬間に「○○ちゃん」から、 「○○さん」と

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.