• 清水信博

投入ルールについて


仕事の投入は、次工程の前に仕掛品が無い場合のみ可とする。

もし次工程の前に仕掛品があれば、投入したことで仕掛品は2個となり停滞を招く。

これは前工程における投入ルールである。

  それを次に示すと、


●....仕事


◎(1)(前工程)●→投入可 (次工程)作業中●


×(2)(前工程)●→投入不可●(次工程)作業中●


 ※もし投入すれば、次のようになる


(前工程)●→投入不可●●(次工程)作業中●


 

こうして、次々と前工程が投入を続ければ仕事の停滞が発生し、実処理時間よりも待ち時間のほうが激増することになる。 よって後工程に配慮した投入は、最初である営業工程などから制御しなければならない。最初が肝心とはこれを言う。

  

また一旦発生した停滞を元通りにするには相当な時間がかかることは道路で発生した事故の復旧状態をみてもわかる。  

私達は「早く作って、お客様に早く届けようとするあまり、システムの中に何箇所も停滞という団子状態を作ってしまっている」のである。

 

これを防ぐには最初の投入はシステム全体を眺めて負荷量を7割くらいとして、また個々の工程間での移動ルールを決めることが必要になる。また個々の工程では個人の都合により終えた仕事をいつまでも手元に置かないようにすることも必要になる。

 

また広すぎるスペースや、多すぎる人員が、受注のない仕事を作ってしまうことがある。これは稼働率をうるさく言われるがために予測生産をやってしまう場合だ。 システムはシンプルで筋肉質のほうが良いに決まっている。

 

早く完成したからといって顧客に届ける必要はない。 早く届けた時に得られるメリットが何かを考慮し、無ければ他の仕事時間を優先したほうがいい。

 

上記の図をみると、「(最終)後工程はお客様」であるのだからお客様の前に製品を積み上げることはキャッシュフローの観点からも望ましいことではない。押し込み販売でしかない。

  

仕事とは「流れ FLOW」である。 流れを良くしたいのであれば流れを強くするのは得策ではない。 それは投資することを意味する。

無投資で良くしたいのであれば、流れを阻害している要因を取り除くことである。 側溝の流れを良くしたいのであれば詰まっている落ち葉を取り除くことである。 そして一度取り除いたからといって満足はできない。 定期的な観測と作業というルールがワンセットではじめて継続的に良い流れが維持できるのである。

  横文字でいうと「ゴーイングコンサーン」。

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付