top of page
  • 清水信博

教えられたこと・学ぶこと・できること

■MGとTOCの決定的な違いは何か?


MGはゲームとして完成されたものなので、ゲームやMQ会計、MX会計を何度も体験していくことで、学び・納得し・現実に活用していく「パターン」が見事に出来上がっていることです。つまりMG研修はそのもので完結しています。


一方、TOC研修はMGほどゲーム的完成度は高くはありません。しかしながら「コンサルティング的要素」については、TOC研修の方が多くなる傾向があり、現実での展開に関する相談は常について回ります。


ですからTOC理論やインストラクターを志す方は、「様々な業種や企業、問題などと真摯に向かい合う姿勢」が必要になります。


ここから逃げていては真のTOCインストラクターにはなれないと言うのは、ひっきりなしに相談が来るからです。

相手は企業経営者や幹部社員などが多くなるでしょう。


そうなると、インストラクターはTOC理論の知識だけでは不足です。

少なくとも、経営学、会計学、人間学、戦略戦術論、心理学などは、一応は学んでいたほうが良いですし、やがては必要になってきます。


■きっかけとなった一言


私がMGを知って学び始めたのは30歳でした。

何も知らない私がMGのインストラクターを志した時に、当時は厳しかった(?)西先生から「君は少なくともドラッカーの現代の経営(上下)くらいは読んでおいたほうがいい」と言われ、その年の夏はすべての時間を読書にあてました。


その後、ドラッカーの書籍はすべて読みました。

アルビントフラーの「第三の波」が良いと言えばそれを読み。

ガルブレイスの「満足の時代」や吉川英治の三国志、孫子の兵法も。

読む本は必ず原点のものだけ。

そこから離れた支流や流行本の類は一切読みません。

私とって、それらは時間の無駄でしかなかった。


そして15年。

30歳の何もしらない若造が偉そうにMGのインストラクターをやって、「はい、300円取れ!」とやっていたら50歳を過ぎても経営者から相談など来なかったでしょう。

ましてや仕事はゼロになっていたと思います。


私の分岐点、転機は30数歳の「君は少なくとも~」という、「ひと言」でした。それがなければ、今のTOC研修は生まれていません。

この歳になっても、まだ分かったとは思っていません。


勉強をして成果が出るにはだいぶ時間がかかります。

しかしながら自分の決めた道を進むことを決意したならば、それに必要なものは自らに課していくことは必要だと思います。

最新記事

すべて表示

経営者の器

経営者の器が大きければ それに見合った規模になればいいし、 器が小さければ 小さいままでやっていけばいい。 そういうことだと思います。 だから私はマイクロ企業のままでいくし、 それでいいと思っています。 悲劇は、 器の小さいものが大規模の舵取りを するようになったときであり、 喜劇は、 その逆のときである。

大器晩成型と早期熟成型

若い頃凄いと言われた人は早期熟成型。若い頃は大したことがないけれども年輪を重ねるに従って頭角を表すのが大器晩成型。 私はどちらがいいかというよりも、これはエネルギー量の問題かもしれないと思っている。 早期熟成型は若い頃エネルギーの大半を消費して活躍。 大器晩成型は省エネで過ごして、晩年エネルギーを消費して活躍ということかもしれない。 エネルギー量も「in-out-残」でいうと、使用するだけだと、ど

男性中心のマネジメント理論は終わる

これまでの経営理論の登場人物は男性ばかりでした。 歴史上の著名人も同様でした。 ところが、ここ最近、フォレット、ナイチンゲール、イーガー博士、レイチェル・カーソンなどを読んでいてふと気づきました。 それは、男性的経営は力強いかもしれませんが、男臭いし、どこか権力の臭いがします。そして平等という声もうつろに聞こえます。たぶん、私が抱いたマネジメントの違和感はこれだったのかもしれません。 ですから、マ

Comentarios


bottom of page