• 清水信博

業務フローの描き方

業務フローを描くときに「工程数を増やすと人為的な停滞が起こる」

  昔から私は「どんなに複雑な仕事であろうと工程数を7ないしは9程度に収めろ」と言ってきた。

それを当社はもっと入り組んでいるからと20も30もの工程に分け、さらには外注だなんだと回路図のような業務フローを書く人がいる。  

そのような会社は必ず停滞が起こる。  

それは高速道路で100km移動することを考えてみれば分かる。 走る車の間隔が狭まるほど渋滞が起きる。 時速40km以下になると途端に大渋滞がおきる。  

つまり「仕事と仕事の間隔が狭まれば停滞が起きる」ことは流れの科学で分かっている。 そこで工程数を増やすということは、わざわざ仕事と仕事の間隔を狭めてしまうことになる。  

それは通過点での待ち時間の増大が停滞の原因となることを考えれば理解できる。 だから工程数をもっとシンプルに捉えて描けば、仕事間の距離を広げたとしても、全体としてはスムースに流れることになる。  

これは上記の高速道路で車間距離を100mとしたことを考えれば密度が小さくなり、最高速度で走ることができるからだ。  

投入制限と、仕事間の距離を取ることが、じつは最速となる。 仕事間の距離とはBufferと言っても構わない。

閲覧数:46回

最新記事

すべて表示

経営者の器が大きければ それに見合った規模になればいいし、 器が小さければ 小さいままでやっていけばいい。 そういうことだと思います。 だから私はマイクロ企業のままでいくし、 それでいいと思っています。 悲劇は、 器の小さいものが大規模の舵取りを するようになったときであり、 喜劇は、 その逆のときである。

若い頃凄いと言われた人は早期熟成型。若い頃は大したことがないけれども年輪を重ねるに従って頭角を表すのが大器晩成型。 私はどちらがいいかというよりも、これはエネルギー量の問題かもしれないと思っている。 早期熟成型は若い頃エネルギーの大半を消費して活躍。 大器晩成型は省エネで過ごして、晩年エネルギーを消費して活躍ということかもしれない。 エネルギー量も「in-out-残」でいうと、使用するだけだと、ど

これまでの経営理論の登場人物は男性ばかりでした。 歴史上の著名人も同様でした。 ところが、ここ最近、フォレット、ナイチンゲール、イーガー博士、レイチェル・カーソンなどを読んでいてふと気づきました。 それは、男性的経営は力強いかもしれませんが、男臭いし、どこか権力の臭いがします。そして平等という声もうつろに聞こえます。たぶん、私が抱いたマネジメントの違和感はこれだったのかもしれません。 ですから、マ