• 清水信博

業務フローの描き方

業務フローを描くときに「工程数を増やすと人為的な停滞が起こる」

  昔から私は「どんなに複雑な仕事であろうと工程数を7ないしは9程度に収めろ」と言ってきた。

それを当社はもっと入り組んでいるからと20も30もの工程に分け、さらには外注だなんだと回路図のような業務フローを書く人がいる。  

そのような会社は必ず停滞が起こる。  

それは高速道路で100km移動することを考えてみれば分かる。 走る車の間隔が狭まるほど渋滞が起きる。 時速40km以下になると途端に大渋滞がおきる。  

つまり「仕事と仕事の間隔が狭まれば停滞が起きる」ことは流れの科学で分かっている。 そこで工程数を増やすということは、わざわざ仕事と仕事の間隔を狭めてしまうことになる。  

それは通過点での待ち時間の増大が停滞の原因となることを考えれば理解できる。 だから工程数をもっとシンプルに捉えて描けば、仕事間の距離を広げたとしても、全体としてはスムースに流れることになる。  

これは上記の高速道路で車間距離を100mとしたことを考えれば密度が小さくなり、最高速度で走ることができるからだ。  

投入制限と、仕事間の距離を取ることが、じつは最速となる。 仕事間の距離とはBufferと言っても構わない。

39回の閲覧

最新記事

すべて表示

額に汗して

バブル時代は働かなくとも株が稼いでくれた。そしてはじけた瞬間に誰もが額に汗して働くことの重要性を訴えた。やがてしばらくすると架空通貨が現れて、働かなくともAIが稼いでくれるというものが出た。こうして時代を眺めると、額に汗して儲けるときと、何もせずに懐に金がはいってくるときとが交互に訪れている。 世界大恐慌に恐れて、高度成長にうかれてというのも同じこと。 時代や環境がどうであれ、やはり儲けるためには

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え