• 清水信博

男性中心のマネジメント理論は終わる


これまでの経営理論の登場人物は男性ばかりでした。 歴史上の著名人も同様でした。


ところが、ここ最近、フォレット、ナイチンゲール、イーガー博士、レイチェル・カーソンなどを読んでいてふと気づきました。


それは、男性的経営は力強いかもしれませんが、男臭いし、どこか権力の臭いがします。そして平等という声もうつろに聞こえます。たぶん、私が抱いたマネジメントの違和感はこれだったのかもしれません。


ですから、マネジメントの世界に女性がもっと入ってくると変わるのではないか。それは女性経営者が増えたらということではなく、マネジメント理論そのものを変えていくために。

それが何であるかは分かりませんが、次のようなポイントがあるような気がします。



■しなやかさ  豪雪では大木も倒れるが、青竹のような柔軟さ、バネのような「しなやかさ」が経営には求められる。



■美しさ  力づくで押し通す経営や、軍隊式経営には美しさの欠片もない。よく言われる「Plan-Do-See」についても、違った角度からの美しさが求められる。サービスもお仕着せや型にはまっただけでは美しさはない。



■平等  これまではどのように言おうと、どこかに上下関係や、命令に対する服従が見え隠れしていた。それをベールで隠して見えないようにしていた。事業承継にしても能力よりも家が重視されてきた。男女差別は消えたように見えるが消えてはいない。薄まっただけのこと。


マネジメント理論が男性社会向け専用だったことから、これからは女性社会いや、老若男女や自然環境も含めたものへと変えていかなければならない。

自由も与えられた舞台の上で踊るようなものから、より開かれたものへと変わっていかなければならない。


こうしたマネジメント理論の革命は、経営者の経営哲学を変えていくというところにかかっている。


新時代の経営哲学や経営理念は、人間主義のマネジメントであり、これまでの延長線上にはないかもしれないということも考えておく必要はある。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

多くの人が間違っているのは、利益というものが特別なものだと勘違いしていることです。 利益とは、固定費を超えた付加価値の別名でしかありません。 固定費を超えるまでは付加価値で、固定費を超えたら付加価値が利益という名前に変わるだけのことです。 ですから結婚をして鈴木さんが佐藤さんになっただけで本人は何も変わりません。呼び名が変わっただけのことです。 利益云々といっている人は、まだここに気づいていないの

バブル時代は働かなくとも株が稼いでくれた。そしてはじけた瞬間に誰もが額に汗して働くことの重要性を訴えた。やがてしばらくすると架空通貨が現れて、働かなくともAIが稼いでくれるというものが出た。こうして時代を眺めると、額に汗して儲けるときと、何もせずに懐に金がはいってくるときとが交互に訪れている。 世界大恐慌に恐れて、高度成長にうかれてというのも同じこと。 時代や環境がどうであれ、やはり儲けるためには

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ