• 清水信博

百戦百勝は敗北

MGやっていれば分かります。 全市場で入札に勝とうとすれば価格は低下し、逆に企業規模は肥大化していきます。   それは成長ではなく、肥大化という名の弱体化に過ぎません。 そのまま何年か過ぎれば市場から退散することになります。   市場を決めるということは、ほとんどの市場を捨てるということです。 MGでいえば、ほとんど負けるということです。 野球のイチローですら3割で、4割は奇跡です。 半分以上はアウトということです。 そして負けるのは「ここぞ、という場面で必ず勝つため」です。

こここそが譲れない場面。   ■百戦百勝は善の善なる者にあらず 孫子の兵法の有名な言葉です。 ■城山三郎の小説「百戦百勝 働き一両・考え五両」 (角川文庫) でも百戦百勝について書かれています。 全てにおいて・・・ というのは、幻であり、衰退の始まりです。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付

経営を知る

いち社員が経営を身につけようとするとき 未知の体験を何度も何度もこなし 多くの時間を費やさなければならない とするならば 彼は嵐の暗黒の海に向かって船出する 気分になるだろう。 たとえそれが事実であるとしても 少し波は荒いが それは晴れた大海原への旅路である と思ってほしい。   そしてこの地上の ありとあらゆるものが すでに見つけ出されてしまったという 一抹の寂しさを抱く必要はない。 私達の眼

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.