• 清水信博

真の生産性向上

3人でやっている仕事を5人でやってはいけない。

人が増えると逆効率となることがある。 3人でやっていることを、2人で楽々と7割の時間でこなすこと。 それが正しい「仕組みづくり」である。

私は印刷会社の作業改革でわずか数ヶ月で生産性を10倍にした。

その論文は日本印刷技術協会に応募して賞をいただいた。 ここには、いくつかのヒントがある。

まず全工程を追跡調査したときに、何度も何度も同じ作業やチェックをしていた。

これを最初と最後くらいに減らせばすぐ数倍の生産性にはなる。

我々はチェックや報告書を書くために製品を作っているのではない。

良い製品をいち早くお客様にお届けするのが「本当の仕事」なのである。

管理者はチェックばかりしたがる病気にかかっている。

こういう管理者が増えたら、その会社は傾きはじめているといっていい。 次に私が作ったのは誰でも使える「定規のような型」だった。

最初に原稿をセットしたら、製版、フィルム、刷版、印刷まで一切手を加えなくてもミクロン単位の精度が合うようにした。

生産性を上げるには、治具工具を「自分たちで作らねばならない」。 業者まかせではなく、手作りのものを作って実験を繰り返す。 こうした態度がある会社は実験型企業であり、創意工夫が発揮されている会社といってよい。

そして新しいやり方であろうと、現在のやり方と併用しながら、しばらく走らせていく。 やがて実務者が「どちらが良いか」判断を下していく。 こういうものは閑散期にやると良い。

どんなに良いものでも助走期間が必要である。 そして、うまく飛び立とうとしていれば、その仕組みは私の中では、ほぼ終えたものとなる。

それは、次の新しい研究開発を開始しなければならないサインであって、いつまでも成功事例にかじりついていてはいけない。 研究開発も生産性向上でも何でも、波が打ち寄せるように、一波二波と押し寄せていく。 それが開発者魂だと私は思っている。

そして何年も経ったら、その仕組を陳腐化させて新しいものに置き換えていく。 競争とは他社との問題ではない。 自分達が作ったモノ、サービス、仕組みなどを、ことごとく陳腐化させるのが本当の競争である。

価値を産むとは、そういうことだ。

54回の閲覧

最新記事

すべて表示

額に汗して

バブル時代は働かなくとも株が稼いでくれた。そしてはじけた瞬間に誰もが額に汗して働くことの重要性を訴えた。やがてしばらくすると架空通貨が現れて、働かなくともAIが稼いでくれるというものが出た。こうして時代を眺めると、額に汗して儲けるときと、何もせずに懐に金がはいってくるときとが交互に訪れている。 世界大恐慌に恐れて、高度成長にうかれてというのも同じこと。 時代や環境がどうであれ、やはり儲けるためには

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え