• 清水信博

粗すぎても、細かすぎても

よく精査せず粗っぽい感覚で物事を判断する人間は、必ず精神的なものへと向かう。神聖なもの、人間というところで落ち着く。  

一方、細かすぎる人間は理科系に多い。業務フローを描かせると回路図のようなものを延々と描いて満足するタイプ。これは刻々と変化している現実の一瞬の断面図を描いているに過ぎない。  

粗すぎても、細かすぎても、うまくはいかない。 私はTOCを企業に伝える中で、うまく展開してくれた人達をみるといくつかの共通点があることに気づいた。  

それは、「大胆な発想」と「こだわらない気性」だった。  

業務フロー図を描くときは細部にこだわらず、骨組みを重視した。それはボトルネックを発見するという大目的が出発点だったからだ。そこからみれば細部の問題は枝葉でしかない。 木でいえば、根幹を見つけることが最重要課題だと知っていた。  

そして、話し合う場では、それにもこだわらず自由な意見をもとにまとめていった。 過去の慣習も、業界の常識などにもこだわらず、組織をよりよく変えていこうという信念があった。  

そして実行力があった。  

失敗した例は、会社の命令だからと何となく参加し良い話を聞いて終わるというパターンが多い。 また業務フロー図を細かく描いて満足して何もしないという例もある。研修の場では分かったようであるが、何も行動を起こさないということもある。もちろん反発もある。   

こういう会社は何をやっても変わらないどころか、世の中は常に変化しているので遅れていくだけの衰退企業となる。  

私はこういう会社を助けることはない。 私がその会社の社員ならば助けるが、やるやらないは当人の問題であって、私が助けたとしても依存心を植え付けることでしかない。自力更生をすることでその会社は一人前になっていく。  

教育とはそのものの将来まで考慮して関わっていかなければならない。過保護では育たない。突き放すだけでも育たない。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付