• 清水信博

結論は無い

というと驚くかもしれませんが、三人三様、いえ百人百様、桜梅桃李。 結論を示せば、可能性はゼロになる。 私はTOC研修を創った時に、正しい答えなど考えませんでした。 いえ、私が正しい答えを持っているはずなど無いのです。   無知の知 知らないということを言うのは覚悟がいりますが、私が知っていることなど世の中の0.00001%もありません。誰でも知らないことのほうが多いのです。   だから「結論」とか「これが正解です」とは言えない。 これがTOC研修です。 いえ、教える側の基本的姿勢です。   全てはそこから始まります。 だから間違っていいし、間違うのは当たり前のことです。 悩むのも当たり前。右往左往するのも当たり前。 だからこそ、うまくいった時の喜びが、とてつもなく大きいのです。   これが共に育つ、ということの本当の意味です。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

経営を知る

いち社員が経営を身につけようとするとき 未知の体験を何度も何度もこなし 多くの時間を費やさなければならない とするならば 彼は嵐の暗黒の海に向かって船出する 気分になるだろう。 たとえそれが事実であるとしても 少し波は荒いが それは晴れた大海原への旅路である と思ってほしい。   そしてこの地上の ありとあらゆるものが すでに見つけ出されてしまったという 一抹の寂しさを抱く必要はない。 私達の眼

労働分配率と企業分配率

人件費÷付加価値(F1/MQ)=労働分配率 この労働分配率は誰もが知っている有名な率である。 労働分配率は別名、社員分配率ともいう。 一方、 (人件費以外の固定費+経常利益)÷付加価値= (F2+F3+F4+F5+G)/MQ これが企業分配率であることを知っている人は少ない。 【事例研究】 F1=40 , F2=30 , F3=10 , F4=10 , F5=10 G=40 MQ=F1+F2+F3

給料の○倍稼ぐ

私は生涯現役という言葉を、「給料の3倍稼ぐ」と置き換えています。頂いた報酬の3倍は付加価値を生み出していくと言い換えてもいいでしょう。 大きな組織になると間接人員や管理者が増えて、アナグマ社長もそうですが、稼ぐことを忘れて給料だけもらうという人が増えます。その結果、企業の生産性は大きく低下し、常に人が足りないといっては、さらなる悪化に拍車をかけたりします。 当社のようなマイクロ企業の場合には全てが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.