• 清水信博

給料の○倍稼ぐ

私は生涯現役という言葉を、「給料の3倍稼ぐ」と置き換えています。頂いた報酬の3倍は付加価値を生み出していくと言い換えてもいいでしょう。

大きな組織になると間接人員や管理者が増えて、アナグマ社長もそうですが、稼ぐことを忘れて給料だけもらうという人が増えます。その結果、企業の生産性は大きく低下し、常に人が足りないといっては、さらなる悪化に拍車をかけたりします。

当社のようなマイクロ企業の場合には全てが見えますから、稼ぐことから逃げることはできません。

これは定年退職してみれば誰でも分かることで、明日の米を買うこともままならない状態になれば、借りてきた猫も百獣の王ライオンに変わっていくものです。

そのように自分の給料だけでなく、他人の給料までまかなっていこうという気概を教わったのは、経営者をやっていた時の部下との約束でした。

お互いに他人はどうあれ自分の給料の3倍は稼ぐことを念頭に仕事をしたものです。

それが再びラッカープランを学ぶうちに思い出されてきました。 いわゆる賃金付加価値生産性ということです。


ですから、私が自立していくためには、そして全員経営を果たしていくためには、強い会社であるためには、人材を育てていくためには、どんな美辞麗句よりも、「自分の給料の3倍稼ぐという信念」を忘れてはならないと思うのです。 そして企業は給料の何倍も稼ぐだけの力を、追加投資をしなくても潜在的能力として持っています。TOC理論で何も投資をせずに何十倍もの利益を生み出したことと同じように持っています。 それを活かすかどうかで企業の未来が決まるという気がします。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

経営を知る

いち社員が経営を身につけようとするとき 未知の体験を何度も何度もこなし 多くの時間を費やさなければならない とするならば 彼は嵐の暗黒の海に向かって船出する 気分になるだろう。 たとえそれが事実であるとしても 少し波は荒いが それは晴れた大海原への旅路である と思ってほしい。   そしてこの地上の ありとあらゆるものが すでに見つけ出されてしまったという 一抹の寂しさを抱く必要はない。 私達の眼

労働分配率と企業分配率

人件費÷付加価値(F1/MQ)=労働分配率 この労働分配率は誰もが知っている有名な率である。 労働分配率は別名、社員分配率ともいう。 一方、 (人件費以外の固定費+経常利益)÷付加価値= (F2+F3+F4+F5+G)/MQ これが企業分配率であることを知っている人は少ない。 【事例研究】 F1=40 , F2=30 , F3=10 , F4=10 , F5=10 G=40 MQ=F1+F2+F3

真の生産性向上

3人でやっている仕事を5人でやってはいけない。 人が増えると逆効率となることがある。 3人でやっていることを、2人で楽々と7割の時間でこなすこと。 それが正しい「仕組みづくり」である。 私は印刷会社の作業改革でわずか数ヶ月で生産性を10倍にした。 その論文は日本印刷技術協会に応募して賞をいただいた。 ここには、いくつかのヒントがある。 まず全工程を追跡調査したときに、何度も何度も同じ作業やチェック

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.