• 清水信博

給料の○倍稼ぐ

私は生涯現役という言葉を、「給料の3倍稼ぐ」と置き換えています。頂いた報酬の3倍は付加価値を生み出していくと言い換えてもいいでしょう。

大きな組織になると間接人員や管理者が増えて、アナグマ社長もそうですが、稼ぐことを忘れて給料だけもらうという人が増えます。その結果、企業の生産性は大きく低下し、常に人が足りないといっては、さらなる悪化に拍車をかけたりします。

当社のようなマイクロ企業の場合には全てが見えますから、稼ぐことから逃げることはできません。

これは定年退職してみれば誰でも分かることで、明日の米を買うこともままならない状態になれば、借りてきた猫も百獣の王ライオンに変わっていくものです。

そのように自分の給料だけでなく、他人の給料までまかなっていこうという気概を教わったのは、経営者をやっていた時の部下との約束でした。

お互いに他人はどうあれ自分の給料の3倍は稼ぐことを念頭に仕事をしたものです。

それが再びラッカープランを学ぶうちに思い出されてきました。 いわゆる賃金付加価値生産性ということです。


ですから、私が自立していくためには、そして全員経営を果たしていくためには、強い会社であるためには、人材を育てていくためには、どんな美辞麗句よりも、「自分の給料の3倍稼ぐという信念」を忘れてはならないと思うのです。 そして企業は給料の何倍も稼ぐだけの力を、追加投資をしなくても潜在的能力として持っています。TOC理論で何も投資をせずに何十倍もの利益を生み出したことと同じように持っています。 それを活かすかどうかで企業の未来が決まるという気がします。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.

  • Facebook