• 清水信博

そもそも受注しない、投入してはいけない仕事とは?


その答えはTOC研修でやる「有名な製造問題」にあります。

投入 ①→②→③→(4)→⑤→⑥ 販売

最重要であるボトルネック工程④のMQ/Hを考えた時に、

それに対応するF/Hより大きな仕事を投入すれば黒字になるし、

それ以下のものを投入すれば、どうやっても赤字になる。

これが 製造業における MQ>F の正しい考え方である。

全てはボトルネックで決まる。

TOC研修の資料をもっている人は再度見直すと良い。

そして真の答えは、

ボトルネック工程で考えてはいけない。

そもそも MQ/H < F/H の仕事は受注しない(投入しない)ことが正解であるということが分かります。

それは、受注した後の、ボトルネック工程の直前で「これを投入し続けたら儲からない」と考えたのでは遅いからです。

儲からない仕事を投入した影響は前工程(①~③でも、「儲からない無駄な仕事をする」ことになります。

ですから、「そもそも投入しない、受注拒否」という意思決定が、やがてはボトルネック工程を有効活用するということになります。

投入制限の前に、受注拒否もあるということを知り、実行することもまた革新的経営に繋がることがあります。

受注拒否については、同業他社を紹介するという方法もあれば、P交渉をしてMQアップを図るなどの改善方法もあります。

大事なことは、「何でも受注するから、投入せざるをえない。だからボトルネック工程を有効に活かせなくなる=儲からない」という図式になることを正しく認識することです。


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

赤字事業、赤字製品

赤字事業、赤字製品は、それが何であれ「見切りをつける」ことが大事である。 よく見受けるのは、創業者が作ったものとか、この会社の存在意義、理念的なものという背景で、赤字事業や赤字製品を続けていることがある。 この対処には、つぎの三つの方法がある。 まず最初に赤字かどうかの判定は直接原価法でなければならない。間違っても人件費や経費などを上乗せしたコストは使ってはならない。 また事業の採算についても本社

収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びと

アレンジ

アレンジし過ぎて本質を見失うことは良くある。 基本を継続していると、ふと「つまらなくなる」時がある。 そこで工夫とばかりにアレンジつまり我流を加えていくと、ちょうど塩味だったものに醤油という調味料を加えると、また食が進むようなものになる。 たしかに食は進む(継続)が、大事な何かを置き忘れてしまう。 TOC研修にしても約二十年前に作った時と、いまでもそうは変わってはいない。多少の

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.