• 清水信博

仕事は不安解消の為ではない・・・


2001年に独立した時は本当にお金が無かった。にもかかわらず事務所を借りようと思った時に、妻に「裏庭に子供部屋を建てて、そこを事務所にしたらと言われ、渋々10年間1坪の事務所に道具を入れて机一つで開業したものです。

でも、その一言で10年間やって何とか暮らせるようになり、2011年には新築することができたわけですから、ベテラン経営者だと威張っていても、奥さんのほうが大したものです。

”入るを図り、出を制する”ということ知ったのは還暦後でした。

当時は、カレンダーに空白があると心配で、なんとか空白を埋めて、真っ黒になると安心していたのですが、予定が満杯になっても、ちっとも儲かりません。出張漬けで、深夜に帰ってまた早朝出発なので、家族との会話も少なくなります。

給料を入れておけば何とかなるだろうという想いで奔走しているのが男ですが、かなりいろいろなものを犠牲にしていました。

しばらく動き回っていると、2006年には胃潰瘍で出血。緊急入院で生死をさまよい、2011年には大腸ポリープの手術でガン宣告を受けて生還。仕事づくめで何年に一度かは倒れてを繰り返していました。

大きく変わったのは2012年頃からでした。

事業を変えて、カレンダーにも空白が入ってくると逆に経営は良くなってきました。家族と関わる時間も増えたし、時間的心理的余裕も以前とは比べ物になりません。

カレンダーを真っ黒にして、どんな仕事でも受けていたときは、”不安”が心を支配していたからです。仕事が無くなると困る、だからある仕事は何でも入れて、カレンダーが真っ黒になると”安心”する。そこには利益がどうこうということはありません。不安解消の為に全国津々浦々を動き回っていたのです。

仕事はMQを生み出す(付加価値創造)と言いながら、不安解消だったというわけですから、じつにお粗末な話です。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

赤字事業、赤字製品

赤字事業、赤字製品は、それが何であれ「見切りをつける」ことが大事である。 よく見受けるのは、創業者が作ったものとか、この会社の存在意義、理念的なものという背景で、赤字事業や赤字製品を続けていることがある。 この対処には、つぎの三つの方法がある。 まず最初に赤字かどうかの判定は直接原価法でなければならない。間違っても人件費や経費などを上乗せしたコストは使ってはならない。 また事業の採算についても本社

収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びと

プロジェクトは捨てるに限る

プロジェクトにも賞味期限があります。 あれは生鮮食品みたいなものですから。 いつまでも成果が出ないプロジェクトを延々と続けるのは、人も資金も時間も浪費しているだけです。 中小零細企業などでは数ヶ月やって成果が見えないプロジェクトは「筋が悪い」のだからやめるのがいい。 TOCもそうです。成果が出ない企業はTOC導入をあきらめたほうがいいです。 そもそも合っていないのですから。 たかが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.