• 清水信博

先駆者精神


■先駆者精神

人によりますが、私は先駆者精神が好きでやってきました。

印刷会社に勤務していた時代には、業界の常識を破って「新しい印刷表現」を開発。

ところが最初は経営会議で総スカンを食ったので、なにくそ!とばかり試作品を持ってお客様のところを回ったところ大好評。

こういう新製品を待っていたとの声で新規顧客を獲得。

数年後には従来の製品を押しのけて主力商品になりました。 この経験で、私の研究開発心に火がついたのだと思います。 前人未到の分野だから面白いのです。

■天然と自然について

天然は誰も見たことがないものです。 一方、自然はどこにでもあるものです。 それこそ試験管の中にも自然はあります。 ところが、よくこの天然と自然を勘違いするのです。

前人未到というのは、何も「天然の中に探せ」とは言ってないのです。

どこにでもある「自然の中」から探すのです。

身近なことの中を観察していけば、先駆者精神を発揮できる分野はいくらでもあります。

■改善活動も先駆者精神で

もう数十年前ですが、パソコンのプリンターはドットインパクト方式といって、インクリボンを裏から叩いて印字する音が大きいものでした。

当時、「消音ボックス」といってプリンターを木箱に入れて音を小さくするものが売られていましたが、大変高価でした。 そこで私は印刷会社だったので、ダンボール製で簡単に組み立てられる「消音ボックス」を開発(1985)。 日経産業新聞が取材に来て新聞にも載りました。 ですが、すぐに大手製紙メーカーが真似をして販売。 そもそも私は社内で、うるさい印字に対処するために作ったものだったので販売などする気はありません。その後、その消音ボックスが売れたという話は聞きませんでした。

改善活動がマンネリ化するのも、私は先駆者精神が薄まったからではないかと思います。

          (株)ソフトパワー研究所 所長・清水信博


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

赤字事業、赤字製品

赤字事業、赤字製品は、それが何であれ「見切りをつける」ことが大事である。 よく見受けるのは、創業者が作ったものとか、この会社の存在意義、理念的なものという背景で、赤字事業や赤字製品を続けていることがある。 この対処には、つぎの三つの方法がある。 まず最初に赤字かどうかの判定は直接原価法でなければならない。間違っても人件費や経費などを上乗せしたコストは使ってはならない。 また事業の採算についても本社

収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びと

プロジェクトは捨てるに限る

プロジェクトにも賞味期限があります。 あれは生鮮食品みたいなものですから。 いつまでも成果が出ないプロジェクトを延々と続けるのは、人も資金も時間も浪費しているだけです。 中小零細企業などでは数ヶ月やって成果が見えないプロジェクトは「筋が悪い」のだからやめるのがいい。 TOCもそうです。成果が出ない企業はTOC導入をあきらめたほうがいいです。 そもそも合っていないのですから。 たかが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.