• 清水信博

景気はサインカーブ


私は、景気はサインカーブ(波形)のような形をしていると思っています。

景気は下がればやがて上向くし、上がればやがて下降線となるものです。下がりっぱなしもなければ、上がりっぱなしということもありません。

バブル絶頂期には「必ず下降する」と思ったし、バブル経済崩壊後には「必ず上向く」と思いました。その感覚は今でも変わりません。

■損益分岐点経営

MGでは損益分岐点比率を学びます。

すぐにこの好景気が崩壊するとは思いませんが、上がれば必ず下がるというサインカーブが景気の法則であると思っているので、私は来年PQ(売上)を3割ダウンしようと思っていることを参加者に伝えてきました。

それは、下向きにカーブが変わった瞬間の、「企業の耐える力」がどうかを考えてのことです。

損益分岐点経営の本来の意味は上昇期ではなく下降期です。

好景気だからといって効果がない投資をするつもりもなければ、うまい儲け話にものらない。いまいる人数と設備などを強化(筋肉質の経営)する時だと思っています。

そして「(今すぐ使える)キャッシュを蓄えておく時」であると考えています。

働き方改革も、私は損益分岐点比率Aランクの労働時間ととらえ、残業は最小に、しかし社員の収入は増える方策を頭を使って達成していく時だと思っています。

■サインカーブの特徴

景気はサインカーブと言いましたが。

サインカーブの頂点は、必ず比較的なだらかになります。

成長が鈍化するのが見極め時だと思いますし、その「なだらかな頂上」を過ぎた途端に転落する、という曲線を描きます。

そして、もし下降線(バブル崩壊など)になったら、誰よりも先に投資をして先んじる。その原資は前に溜めてあるものを使う。これがひとつの差別化(青チップ)になります。これは投資の時期(タイミング)をズラしての時間差による差別化ともいえます。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

赤字事業、赤字製品

赤字事業、赤字製品は、それが何であれ「見切りをつける」ことが大事である。 よく見受けるのは、創業者が作ったものとか、この会社の存在意義、理念的なものという背景で、赤字事業や赤字製品を続けていることがある。 この対処には、つぎの三つの方法がある。 まず最初に赤字かどうかの判定は直接原価法でなければならない。間違っても人件費や経費などを上乗せしたコストは使ってはならない。 また事業の採算についても本社

収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びと

プロジェクトは捨てるに限る

プロジェクトにも賞味期限があります。 あれは生鮮食品みたいなものですから。 いつまでも成果が出ないプロジェクトを延々と続けるのは、人も資金も時間も浪費しているだけです。 中小零細企業などでは数ヶ月やって成果が見えないプロジェクトは「筋が悪い」のだからやめるのがいい。 TOCもそうです。成果が出ない企業はTOC導入をあきらめたほうがいいです。 そもそも合っていないのですから。 たかが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.