• 清水信博

経営者は特別優秀ではない


私の体験でいえば、学歴も無く、分社経営は16年やって清算。その後独立して16年間1回も赤字は無く、銀行からの評価も得ました。ここまで倒産しなかったのだから、そこそこ能力のある経営者だといってもいいでしょう。 その経験からいうと、経営者は特別優秀な存在ではないということが分かりました。偶然、経営者の家に生まれたからとか、経営者の気に入られたとか、運良く出世街道に乗ったという程度であって、何か特別な能力があったわけではありません。 ただ、経営者という立場に立って初めて経験する、自分の無能力さに呆れたり、資金繰りや社員との葛藤など様々な経験をする中で鍛えられたものは確かにあります。 だが、それを考えても、「誰が経営者になっても大差はない」と今は思います。 中小零細企業は儲かっていない会社が多いので継ぐものがいません。だから同族経営になるし、それはダメなことでもありません。あまり業績の良くない会社を継ぐ者には「決心覚悟」が必須のものです。ですから身内の者が経営者になるのは至極当然のことだと思います。  跡継ぎのことを考えて眠れぬ夜があったというのは、中小企業経営者は誰もが経験しています。

また、以前勤めていた会社でも役員が数名いましたが、今から思うと誰でも良かったような気がします。 専務も常務も副社長も相談役も、すべてが、ほぼ営業担当のようなものでした。たぶん専務と常務、副社長の役割は違うと思いますが・・。そうしたことは社員には知らされませんでした。 ですから、最近思うのは、部長でも役員でも、きちんと役割を明確にして、目標を一緒に決めていけば、案外「誰でもできるんじゃないか?」ということです。社長ですら誰でもできるといったら怒られるかもしれませんが。 私は、多くの社員に「今まで以上に開かれた道」を創ることができたら素晴らしいと思っています。 役員になるのは事務・営業からだけとか、社長に気に入られた者だけ、男だけといった事や、年齢などの制約を取り払うことができたらと思います。 誰しも何年も働いたら、役職が上がって、収入が増えて豊かな生活になることを望んでいます。 たやすいことではありませんが、開かれた道が広がってこそ、全員経営がまた一歩進むと思います。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

額に汗して

バブル時代は働かなくとも株が稼いでくれた。そしてはじけた瞬間に誰もが額に汗して働くことの重要性を訴えた。やがてしばらくすると架空通貨が現れて、働かなくともAIが稼いでくれるというものが出た。こうして時代を眺めると、額に汗して儲けるときと、何もせずに懐に金がはいってくるときとが交互に訪れている。 世界大恐慌に恐れて、高度成長にうかれてというのも同じこと。 時代や環境がどうであれ、やはり儲けるためには

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え