• 清水信博

経営者は特別優秀ではない


私の体験でいえば、学歴も無く、分社経営は16年やって清算。その後独立して16年間1回も赤字は無く、銀行からの評価も得ました。ここまで倒産しなかったのだから、そこそこ能力のある経営者だといってもいいでしょう。 その経験からいうと、経営者は特別優秀な存在ではないということが分かりました。偶然、経営者の家に生まれたからとか、経営者の気に入られたとか、運良く出世街道に乗ったという程度であって、何か特別な能力があったわけではありません。 ただ、経営者という立場に立って初めて経験する、自分の無能力さに呆れたり、資金繰りや社員との葛藤など様々な経験をする中で鍛えられたものは確かにあります。 だが、それを考えても、「誰が経営者になっても大差はない」と今は思います。 中小零細企業は儲かっていない会社が多いので継ぐものがいません。だから同族経営になるし、それはダメなことでもありません。あまり業績の良くない会社を継ぐ者には「決心覚悟」が必須のものです。ですから身内の者が経営者になるのは至極当然のことだと思います。  跡継ぎのことを考えて眠れぬ夜があったというのは、中小企業経営者は誰もが経験しています。

また、以前勤めていた会社でも役員が数名いましたが、今から思うと誰でも良かったような気がします。 専務も常務も副社長も相談役も、すべてが、ほぼ営業担当のようなものでした。たぶん専務と常務、副社長の役割は違うと思いますが・・。そうしたことは社員には知らされませんでした。 ですから、最近思うのは、部長でも役員でも、きちんと役割を明確にして、目標を一緒に決めていけば、案外「誰でもできるんじゃないか?」ということです。社長ですら誰でもできるといったら怒られるかもしれませんが。 私は、多くの社員に「今まで以上に開かれた道」を創ることができたら素晴らしいと思っています。 役員になるのは事務・営業からだけとか、社長に気に入られた者だけ、男だけといった事や、年齢などの制約を取り払うことができたらと思います。 誰しも何年も働いたら、役職が上がって、収入が増えて豊かな生活になることを望んでいます。 たやすいことではありませんが、開かれた道が広がってこそ、全員経営がまた一歩進むと思います。


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

経営を知る

いち社員が経営を身につけようとするとき 未知の体験を何度も何度もこなし 多くの時間を費やさなければならない とするならば 彼は嵐の暗黒の海に向かって船出する 気分になるだろう。 たとえそれが事実であるとしても 少し波は荒いが それは晴れた大海原への旅路である と思ってほしい。   そしてこの地上の ありとあらゆるものが すでに見つけ出されてしまったという 一抹の寂しさを抱く必要はない。 私達の眼

労働分配率と企業分配率

人件費÷付加価値(F1/MQ)=労働分配率 この労働分配率は誰もが知っている有名な率である。 労働分配率は別名、社員分配率ともいう。 一方、 (人件費以外の固定費+経常利益)÷付加価値= (F2+F3+F4+F5+G)/MQ これが企業分配率であることを知っている人は少ない。 【事例研究】 F1=40 , F2=30 , F3=10 , F4=10 , F5=10 G=40 MQ=F1+F2+F3

給料の○倍稼ぐ

私は生涯現役という言葉を、「給料の3倍稼ぐ」と置き換えています。頂いた報酬の3倍は付加価値を生み出していくと言い換えてもいいでしょう。 大きな組織になると間接人員や管理者が増えて、アナグマ社長もそうですが、稼ぐことを忘れて給料だけもらうという人が増えます。その結果、企業の生産性は大きく低下し、常に人が足りないといっては、さらなる悪化に拍車をかけたりします。 当社のようなマイクロ企業の場合には全てが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.