• 清水信博

親も多少はヌケていたほうがいい


近年、父親の威厳の変化がある。

昔は父親は近寄りがたいものだったが、現代は先輩後輩のような人間関係になった。

また立派な父親の子供は案外突出しないものが多い。

立派であるがゆえに近寄りがたいものがあるせいか、親子で触れ合う機会も少なく、子供には劣等感に近いものすら感じる。

それは親にとっても不幸なことであって、自らが立派な人間であろうとするが故に、一部の隙も作らなかったのだ。

現代では、親子関係が昔のように遠い関係ではなくなったものの、だから並列でよいというわけにはいかない。

親の背を見せて育てるという言葉があるように、親は親としての役目がある。

叱る時は叱る親でなければならない。

親は、子供の傍らには居るが、単なる傍観者ではない。

また世の中に、完璧な親など、どこにもいない。

完璧な親は評論家の世界にしか存在していない。

だから、親も「少しは子供が入り込めるヌケ」があったほうがいい。大穴が開いて、子供がダメになるようでもいけない。

つまり、親も「不完全」であったほうが子供は親しみがもてるものだ。


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

継続

継続すると、 途中で必ずといっていいほど「休みたい」 と思うことがある。 そういう時は、 「休めばいい」というのが私の持論。 継続することを長期的に考えれば、 疲れたから休んでまた再開するのと、 休むなと強制され嫌になって止めてしまうのと、 どちらが得か。 私は損得で考えるので、 長期的な継続と、 止めることを天秤にかけて判断する。 すると、 「嫌な時は休めばい

思索

空白を埋めきってしまうことは決して良いことではないにもかかわらず「空白」を恐れる。 常に他者と関わり続けなければ、接点を無くしたら困ると心配する。 だが、心は時々、自分一人だけの静かな時間を必要としている。 様々な遠心力に振り回されないためにも。 自分であるためにも。

親を超える

親を超えると書くと、「何を言ってるんだ」と怒る人がいます。たしかに私の両親も素晴らしく、そうそう超える事はできないものだと痛感しています。 一方、我が子を見て「自分を超えていってほしい」と願う親は多いと思います。 誰もが同じ道を行かなくても、桜梅桃李であって良いのですが、より良くなってほしいと願うのは親心だと思います。 だからたぶん私の親も同じように感じていたのだと思います。 ですから

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.