• 清水信博

教えられたこと・学ぶこと・できること


■MGとTOCの決定的な違いは何か?

MGはゲームとして完成されたものなので、ゲームやMQ会計、MX会計を何度も体験していくことで、学び・納得し・現実に活用していく「パターン」が見事に出来上がっていることです。つまりMG研修はそのもので完結しています。

一方、TOC研修はMGほどゲーム的完成度は高くはありません。しかしながら「コンサルティング的要素」については、TOC研修の方が多くなる傾向があり、現実での展開に関する相談は常について回ります。

ですからTOC理論やインストラクターを志す方は、「様々な業種や企業、問題などと真摯に向かい合う姿勢」が必要になります。

ここから逃げていては真のTOCインストラクターにはなれないと言うのは、ひっきりなしに相談が来るからです。

相手は企業経営者や幹部社員などが多くなるでしょう。

そうなると、インストラクターはTOC理論の知識だけでは不足です。

少なくとも、経営学、会計学、人間学、戦略戦術論、心理学などは、一応は学んでいたほうが良いですし、やがては必要になってきます。

■きっかけとなった一言

私がMGを知って学び始めたのは30歳でした。

何も知らない私がMGのインストラクターを志した時に、当時は厳しかった(?)西先生から「君は少なくともドラッカーの現代の経営(上下)くらいは読んでおいたほうがいい」と言われ、その年の夏はすべての時間を読書にあてました。

その後、ドラッカーの書籍はすべて読みました。

アルビントフラーの「第三の波」が良いと言えばそれを読み。

ガルブレイスの「満足の時代」や吉川英治の三国志、孫子の兵法も。

読む本は必ず原点のものだけ。

そこから離れた支流や流行本の類は一切読みません。

私とって、それらは時間の無駄でしかなかった。

そして15年。

30歳の何もしらない若造が偉そうにMGのインストラクターをやって、「はい、300円取れ!」とやっていたら50歳を過ぎても経営者から相談など来なかったでしょう。

ましてや仕事はゼロになっていたと思います。

私の分岐点、転機は30数歳の「君は少なくとも~」という、「ひと言」でした。それがなければ、今のTOC研修は生まれていません。

この歳になっても、まだ分かったとは思っていません。

勉強をして成果が出るにはだいぶ時間がかかります。

しかしながら自分の決めた道を進むことを決意したならば、それに必要なものは自らに課していくことは必要だと思います。


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

赤字事業、赤字製品

赤字事業、赤字製品は、それが何であれ「見切りをつける」ことが大事である。 よく見受けるのは、創業者が作ったものとか、この会社の存在意義、理念的なものという背景で、赤字事業や赤字製品を続けていることがある。 この対処には、つぎの三つの方法がある。 まず最初に赤字かどうかの判定は直接原価法でなければならない。間違っても人件費や経費などを上乗せしたコストは使ってはならない。 また事業の採算についても本社

収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びと

プロジェクトは捨てるに限る

プロジェクトにも賞味期限があります。 あれは生鮮食品みたいなものですから。 いつまでも成果が出ないプロジェクトを延々と続けるのは、人も資金も時間も浪費しているだけです。 中小零細企業などでは数ヶ月やって成果が見えないプロジェクトは「筋が悪い」のだからやめるのがいい。 TOCもそうです。成果が出ない企業はTOC導入をあきらめたほうがいいです。 そもそも合っていないのですから。 たかが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.