• 清水信博

断る勇気


TOCを初めて知った後の、日本初の研修会で講師に質問をしました。

「印刷会社などで、上得意客からのどうしても断れない特急物件が来ることがあります。しかしながら工場は満杯で入れることすらままならないのですが・・」と質問したところ、即座に「それは断ればいいです」と。

驚いたのですが、よくよく考えてみると、物理的にどうにもできないものを、どうにかしようというのは虫のいい話です。

それ以上に、自分自身が優柔不断であるということです。

断ることは、全ての人に優しいことにもなります。

上得意客の物件を投入すれば、いま手がけている物件を押しのけて進んでいくので、他の物件はすべて遅れることになります。結局は全物件が納期割れのリスクを抱えます。

一方、上得意客の物件を流して間に合わなかったら、倍叱られます。最初から納期に間に合いませんと言ったほうが叱られなかったかもしれません。

叱られまいと、いい加減な対応そしたことが仇となります。

また、満杯の工場を動かすのですから、不要な残業も増え、事故も起こりかねません。

これらすべての不具合は、トップつまり経営者の優柔不断さが原因です。何でもすべて悪いのは経営者です。

ですから常にシステムは8割程度で回しておけというのは、こういう時のためであり、働く人も身体と精神を休めるアイドルタイムが必要であるからです。

フル操業は、最大のリスクを抱えた飛行といえます。

さて、断ることが嫌ならば、外注先や競争相手にも紹介する覚悟と前準備は必要です。

もしくは瞬時の対応で済ませるとしても、それが常態化しないように後で落ちつかせることです。(8割操業)

いずれにしても、物理的に無理なものは無理なのです。

その「あきらめ」の心は私は無欲だと思います。

どうやってもできないものを、なんとしても・・・ということが高じたのが太平洋戦争末期の参謀でした。

「窮すれば通ずではありません」、なんともならないのですから、あきらめて、とらわれている心を開放して、別の側面から冷静に見なければならないことがあります。

断る勇気は大事です。


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

赤字事業、赤字製品

赤字事業、赤字製品は、それが何であれ「見切りをつける」ことが大事である。 よく見受けるのは、創業者が作ったものとか、この会社の存在意義、理念的なものという背景で、赤字事業や赤字製品を続けていることがある。 この対処には、つぎの三つの方法がある。 まず最初に赤字かどうかの判定は直接原価法でなければならない。間違っても人件費や経費などを上乗せしたコストは使ってはならない。 また事業の採算についても本社

収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びと

プロジェクトは捨てるに限る

プロジェクトにも賞味期限があります。 あれは生鮮食品みたいなものですから。 いつまでも成果が出ないプロジェクトを延々と続けるのは、人も資金も時間も浪費しているだけです。 中小零細企業などでは数ヶ月やって成果が見えないプロジェクトは「筋が悪い」のだからやめるのがいい。 TOCもそうです。成果が出ない企業はTOC導入をあきらめたほうがいいです。 そもそも合っていないのですから。 たかが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.