• 清水信博

「仕事もどき」 を捨てる


本当に必要な仕事は、今の3分の1しかない。

ほとんどが待ち時間か、無くて良い仕事。 「仕事もどき」が3分の2という大半の時間を費やし、人間を疲弊させている。

私はこうした「仕事もどき」を捨ててきたし、今後ますます捨てようと思っている。

成果の上がらない仕事やプロジェクト、製品などを捨てるのは勇気がいることだ。

だがそれはまた経営者の力量を試されることでもある。

廃棄できない経営者は小心者。 過去の未練にとらわれている者に未来は構築できない。

廃棄を阻止しているのは「執着心」。

これが未来を暗く閉ざしている「原因」である。

だから経営者には、ときに「あきらめる」という選択も必要になる。


4回の閲覧

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.