• 清水信博

TOCとは何か?


TOCとは、「精度を求め ”すぎ” ない」ということです。

子供の頃から私達はおかしな教育を受けて洗脳されています。

もっとも間違った教育のひとつが、「何でも精度を求めれば正しい」というものです。

余裕を忌み嫌う意識が、ここから生まれてきます。

会社でも家庭でも、子育ても、近所付き合いでも何でも、あらゆる場面において精度を求めすぎる方向に動いていきます。

それは無意識に向かっていきます。

もちろん建設基準や品質保証といった部分においては、精度は大切です。

しかしながら不完全な人間に精度を求めすぎると、たいがい崩壊してしまうものです。

TOCのゲームをやると、「こんなにも、いい加減で良いのか?」と驚きます。

それは「精度を求めることが正しい」と信じ込んできたからです。その考えが破壊された驚きです。

ときには、少しボンヤリと海でも眺めたほうがいいみたいです。


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付