• 清水信博

起業


30歳で起業。MGとコンピュータ販売の会社を設立。若かったせいもあるが、何も知らずにアレもコレもと商品を増やし人も多かった。 当時はバブル崩壊前夜で誰が何をやっても儲かったので、安易な投資をしたのだろう。案の定経営は行き詰まり、あがくように仕事を求めては身体を壊し、点滴を打っては出張をする日が続く。16年後会社を精算。 再スタートは47歳。自宅裏庭に子ども部屋を作って、内部は優秀なパートさんにお手伝いいただいた。

これからは決して赤字企業にはしないと経営計画を何通りも立てたが、そう思い通りに行くものではない。だがもうスタートは切らねばならない。 妻の助言で見栄は捨て事務所を借りなかったので家賃が浮いた。これは後に本当に助かった。 事業の再構築もやり、アレもコレもとやっていた事業をほとんどやめる。結局マルチタスクになるだけで、どれをとっても中途半端でしかないことに気付いたのは十年後。 自分が集中してやれるのは、二つか三つしかない。 私のようなサービス業、研修屋は、手帳の空白を埋めていくだけでは大して業績を良くできない。忙しく派手に動いているから良いように見えるだけで、理念というか、本来やるべき目的に向かっているかどうかと言われると、忘れがちになる。 年間とか数年間を見通して、土台のしっかりした事業展開をと相手に言っている場合じゃなくて、自分がやってない。 というのが研修屋に多いパターン。 だが、会社精算を経験した者としては、目先の利益どころか売上確保に奔走するだけでなく(それも必要だが)、自分の「あり方」というもの、相手が誰で何をどう言おうと「自分はこれでいく」というものを築きあげる。 そうした胆力のようなものが大事だなぁと感じる年になりました。


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

赤字事業、赤字製品

赤字事業、赤字製品は、それが何であれ「見切りをつける」ことが大事である。 よく見受けるのは、創業者が作ったものとか、この会社の存在意義、理念的なものという背景で、赤字事業や赤字製品を続けていることがある。 この対処には、つぎの三つの方法がある。 まず最初に赤字かどうかの判定は直接原価法でなければならない。間違っても人件費や経費などを上乗せしたコストは使ってはならない。 また事業の採算についても本社

収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びと

プロジェクトは捨てるに限る

プロジェクトにも賞味期限があります。 あれは生鮮食品みたいなものですから。 いつまでも成果が出ないプロジェクトを延々と続けるのは、人も資金も時間も浪費しているだけです。 中小零細企業などでは数ヶ月やって成果が見えないプロジェクトは「筋が悪い」のだからやめるのがいい。 TOCもそうです。成果が出ない企業はTOC導入をあきらめたほうがいいです。 そもそも合っていないのですから。 たかが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.