• 清水信博

継続


継続すると、 途中で必ずといっていいほど「休みたい」 と思うことがある。 そういう時は、 「休めばいい」というのが私の持論。 継続することを長期的に考えれば、 疲れたから休んでまた再開するのと、 休むなと強制され嫌になって止めてしまうのと、 どちらが得か。 私は損得で考えるので、 長期的な継続と、 止めることを天秤にかけて判断する。

すると、 「嫌な時は休めばいい」が得になる。 子供の勉強もそうだ。 親だって時々は眼を盗んで休んだことが あったはずだ。 それを自分の子供には、 「休むな」というのは見事な矛盾だ。 勉強したくない時に、 「勉強やめて遊ぼうか?」というと、 子供は眼を輝かせて「いいの?」と言う。

しばらくすると「勉強する」と言うだろう。 「待つ」ことがあって良くなることがある。 そして、ルールは人が良くなる為にある。


16回の閲覧

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.