• 清水信博

高い目標

P.F.ドラッカーが言っている高い目標について考えてみる。


①高い目標はリスク軽減。

 通常、目標より実績のほうが低くなる傾向がある。そのために少し高い目標設定は実際的だといえる。また何らかのリスクに対応するための利益Bufferと見ることもできる。


②高い目標は、現在いる社員のベースアップと、増員する新人の給与の両方の増額を見込んでいる。


③必要利益を超過したものについては、企業の取り分(企業分配率)と社員の取り分(比例分配率)によって分けられ、両者が潤う原資となる。いわゆる未来費用となる。


④また高い目標を達成すれば納税も増えることになる。

こうして、国と企業と社員の三者もしくは関係者も潤う。


高い目標は、社員を支配したり、高いノルマを与えることではない。

リスクを軽く受け止め、豊かさをもたらすものである。

この高い目標設定の真意を知らずに、ひたすら高みを目指すことは企業の肥大化と殺伐とした人間関係を産むことにもなる。


ここでTOC理論を加えるならば、より高い目標達成は、これまでは長時間労働と大量生産方式による「チカラづくの運営」によって達成されてきた。

仕事と生活は多少向上したとしても、そこに見られるものは家庭の犠牲であった。


これを仕事も人生も家庭も両立していこうとするばらば、「仕組み革命」で逆転していかなければならない。

労働時間は半分に、生産量も半分に、しかしながら目標達成は軽々と。


このような劇的な改革をしていく。

それも特別な投資や、無理などせず実現していく。


そういうものがTOC革命であり、新時代の高い目標達成のスタイルだと私は考えている。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付

経営を知る

いち社員が経営を身につけようとするとき 未知の体験を何度も何度もこなし 多くの時間を費やさなければならない とするならば 彼は嵐の暗黒の海に向かって船出する 気分になるだろう。 たとえそれが事実であるとしても 少し波は荒いが それは晴れた大海原への旅路である と思ってほしい。   そしてこの地上の ありとあらゆるものが すでに見つけ出されてしまったという 一抹の寂しさを抱く必要はない。 私達の眼

労働分配率と企業分配率

人件費÷付加価値(F1/MQ)=労働分配率 この労働分配率は誰もが知っている有名な率である。 労働分配率は別名、社員分配率ともいう。 一方、 (人件費以外の固定費+経常利益)÷付加価値= (F2+F3+F4+F5+G)/MQ これが企業分配率であることを知っている人は少ない。 【事例研究】 F1=40 , F2=30 , F3=10 , F4=10 , F5=10 G=40 MQ=F1+F2+F3

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.