決算書が読めない者は幹部社員ではない

April 20, 2018

厳しいようだが、決算書が読めないということは、

・経営に関与していないということであり、

・経営者の言うことを理解していないということであり、

・後輩の鏡ではないということである。
 
もし読めなくても良いという者を許せば、若いこれからの人間も「何も学ばなくても良い」という範を示したことになる。
 
学ぶ中で、理解が遅くても構わない。
自ら進んで向上しようと努力する者にのみ、幹部社員という「通行手形」は与えられる。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square