現実を変えなければTOCではない

April 20, 2018

学問としてのTOC理論よりも、机上で論じるばかりの空論よりも、現場に行って当事者達と具体的な問題を解決する。

 

それが清水式TOCを学んだ人達に実行してほしいものであり、単なる知識のひとつとして、また目新しい商品のひとつとして、商売道具としてならば、他のTOC団体に再勉強しに行ってください。

 

私は何よりも「現実の成果」を価値と認めます。

そしてシニア・インストラクターの皆様にはいつも伝えているように、「成果は相手のもの」として彼らが自分でできるようになったら、すぐさまその場から立ち去っていただきたい。

 

世の中には、本当に困っている会社はいくらでもあります。

どんなに残業しても、頑張っても利益が出ない。

納期遅れで悩んでいる。

 

そういう会社は「山」ほどもあります。

三国志でも頭の悪い軍師(戦略家)は、戦に勝って長居して殺されます。頭の良いものは、戦に勝ったらすぐ逃げ出します。

 

「成果は相手のもの」に、ただし「その名誉は、私が認めています」ので、次へと向かう。

そういうスタイルで清水式TOC資格認定者は、進んでいきましょう。

世のため、人の為とは、そういう行動をとるということです。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square