短編小説「環境整備」

April 20, 2018

汚い部屋は、現代アート。
決して、衣類やティッシュや飲食物を散乱しているのではない。
 
あれは、当人一流の現代アートなのであって、これからますます変化、いや進化していく途上にあるものなのである。
 
だから「汚い」と思わず、「これは現代アートを作成しているのだ」と思えば気は楽になる。
ただ、だれもが作品を完成することはないので、たいがい失敗作で終わる。
つまり、「敗北」といってよい整理整頓を余儀なくされるのだ。
 
だが、再び真っ白なキャンバスになると、現代アートへの意欲がムラムラと沸き起こってくる。
脱いだ衣服を少し放り投げてみると昔の快感が戻ってくる。
ティッシュを不良っぽい仕草でゴミ箱に投げてみる。
だがゴミ箱に入らず床に落ちる。
ここでもまた少し過去の快感が戻ってくる。

こうして、再び現代アートへの取り組みが始まる。
 
だから、決して汚い部屋にしているのではない。
アートなのだ、アート。
そう思うことにしよう。

いいね!

コメントするシェアする

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square