気になること

June 22, 2018

MGをやっていて、ずっと気になっているのが、「消せるボールペン」ケルボ。

 

消せるから鉛筆代わりにとはいうものの、線が汚い。細い線が、かすれたりと、どうにも気に食わない。

 

やはり鉛筆やシャープペンシルのような、はっきり、くっきり とした綺麗な線のほうが美しいと思う。

 

便利ではあっても「美しさ」が失われたら(機能優先だけで美的要素が欠如)、もうどうしようもない。

 

一方、シャープペンシルだから良いわけでもなく、芯の硬さが3Hというのはビジネス上の反則で、少なくともHB,もう少しBくらいの濃さがあって当たり前だ。

あの、3Hなどは個人手帳の記入程度にしてもらいたい。

薄くて高齢者は見えない。

 

そして、字が汚いのは結構多い。

自分で書いた文字を読めない人もいた。

 

だが、文字は下手でいいから、「しっかり書く」。

適当に流れた宋書のような字はダメ。

しっかり書けば、やがて上手に書ける。

文字も数字も、適当に書いてはいけない。

言霊というのであれば、文字にも命は宿るから。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square