「仕事もどき」 を捨てる

July 4, 2018

本当に必要な仕事は、今の3分の1しかない。

 

ほとんどが待ち時間か、無くて良い仕事。
「仕事もどき」が3分の2という大半の時間を費やし、人間を疲弊させている。

私はこうした「仕事もどき」を捨ててきたし、今後ますます捨てようと思っている。

  

成果の上がらない仕事やプロジェクト、製品などを捨てるのは勇気がいることだ。

だがそれはまた経営者の力量を試されることでもある。

 

廃棄できない経営者は小心者。
過去の未練にとらわれている者に未来は構築できない。

 

廃棄を阻止しているのは「執着心」。

これが未来を暗く閉ざしている「原因」である。

だから経営者には、ときに「あきらめる」という選択も必要になる。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square