生産性

September 30, 2018

生産性はより少ない労力と投入物(インプット)でより多くの価値(アウトプット)を産みたいという人間の考えから生まれてきた概念である。リソースとリターンの関係性とも理解される。

 

生産性=アウトプット/インプット

 

このように、投入(INPUT)したものから、どれだけの成果(OUTPUT)を産み出したかというのが生産性の定義です。

 

100投入して、80産み出したならば、生産性は80%になる。

 

TOC理論を見てみると、

投入を増やす、いわゆる過剰投入をしてinputが120であり、outputは80であれば、生産性は66.6%と低下する。

 

一方、inputを90に抑えて、outputが80ならば、生産性は88.8%と上昇する。

つまり投入制限をして、必要量だけinputしたほうが生産性は高まるということがわかる。

 

ところが実務になると、まったく逆のことが平然と行われている。

 

■投入(input)を増やせば、もっと成果が上がるのではないか?。

■設備効率を上げるには休ませてはならない。

だから仕事は多めに投入しておくのが最も生産性が高く、儲かる。

■社員が暇にしていると利益は減る。

■勤務時間中は休まず真剣に働くのが良い社員であるといった「間違った労働観」

 

こうしたものが、じつは生産性を低くしていることに気づかない。

 

頭では分かっていても、体が言うことをきかない。

これは「思考つまり考え方が間違っている」からである。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square