親を超える

October 6, 2018

親を超えると書くと、「何を言ってるんだ」と怒る人がいます。たしかに私の両親も素晴らしく、そうそう超える事はできないものだと痛感しています。
 
一方、我が子を見て「自分を超えていってほしい」と願う親は多いと思います。
誰もが同じ道を行かなくても、桜梅桃李であって良いのですが、より良くなってほしいと願うのは親心だと思います。
だからたぶん私の親も同じように感じていたのだと思います。
ですから私は親の願いどおり超えていこうと思っています。
  
私も何人かの弟子と言われる人たちを育ててきました。
その彼らには、やはり(私を)一足飛びで超えていってもらいたいと思うのです。
 
師の跡を追うべからず、師の目指したところを追え。
という名言があります。
跡を追っていたのではいつまで経っても二番でしかありません。超えていった先に、自分の道を見つけていってもらいたい。
 
そこから、オリジナリティが生まれてくると思うのです。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square