単純労働分配率は間違い

November 11, 2018

 世の中はすべて「単純労働分配率」を使った、間違った付加価値を計算しています。

 コンサルタントも会計事務所も学者もです。


 この根本的な間違いが横行している原因は、そもそも約80年前に日本に輸入されたラッカープランを誤って解釈した会計士という専門家が、よく勉強もせず安易な解釈で日本中に広めてしまったからです。

 業界平均、同業平均、産業平均などの単純労働分配率には全く根拠はありません。

 科学的な証明もできないのです。
 
 それでも単純労働分配率は、それこそ全部原価計算よりも正しいと信じられ、すべての計画の基となっています。

 これでは将来経営破たん、もしくは労働争議が起こることは間違いないといって良いでしょう。
 
 正しい付加価値と人件費の関係は自社の歴史の中にしかなく、しかも付加価値の何十パーセントといった単純比率ではありません。
 
 その正しい配分方程式を、現代に蘇らせ、コンピュータとMQ会計を駆使したラッカープランについて私は二十年がかりで作ってきました。

 

 その集大成ともいえるシミュレーション等が今日完成しました。
 今日は記念すべき日となりました。

 

                 2018年11月9日

 

       ソフトパワー研究所 所長 清水信博

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square