原価率を守ることに意味はない

November 30, 2018

飲食業界などでは原価率を3割におさえろという。
「半値、八掛け、二割引き」という言葉があるが、半値は50%、その八掛けは40%、さらに二割引きが32%となるから、最後は飲食業界の原価率と似てくる。
 
結論からいえば、この原価率死守は全く意味がないどころか大嘘である。

まず、3割を守ったら利益が出るという保証はない。
都会と田舎では人件費も経費も異なるし、店によって正社員が多いところとアルバイト、パートだけの店もある。
チェーン店もあれば個人店もある。
だから百社百様にもかかわらず、全て同じ原価率である「はず」がない。
 
ところがこれを金科玉条のごとく死守しているから、潰れる店は、まず味がまずくなる。

次にメニューが固定化されて、まずいのに値段が上がる。接客も悪くなる。店が汚くなる・・・・
お客はというと、黙って行かなくなるだけなので減る。

店主は「最近お客が減ったなぁ」と言う。

お客が減るのには必ずワケがある。

   
頭のいい店主は、原価率など無視する。
儲かるものと、出血サービスの組み合わせで考える。

メニューも環境整備で、人気がないものはやめて、新しい商品を加える。
 

店はむやみに広げすぎることもない。
人間も必要最低限で、商品に投資している。
店は内外ともに。いつもきれいで磨き込んでいる。

 

儲かっているから店員の挨拶も良い。
こうなればお客も増える。

というくらい違う。

 

両者は「何に投資をするのか」というところが根本的に違う。
原価率を守るのは守りの経営であり、攻めの経営ではない。
そして継続性の原理でもない。
 
お店が投資するのは、「お客様を増やす」ことに費やすことであって、内部管理などで投資という名の浪費をしてはいけない。

 

そもそも「原価率」など内部管理でしかない。

そのようなものは、お客様は無関係なのである。

 

この年末、倒産する店が増えてきている。
単価(P)は変えずに、思い切って原価(V)をかけるという意思決定ができる店が出たら良いのに・・・

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square