環境整備ができない会社は倒産へと向かう

January 10, 2019

MGでもTOC研修でも、スピードが上がって忙しくなるにつれ「場が乱れてくる」。

不要な資料やカードは散乱し、記帳の文字は汚く、お菓子や飲み物があちこちに。

 

会社も同じだ。

忙しくなるほど、繁忙期ほど、会社内が汚く、乱れてくる。

 

どんなに忙しくとも、繁忙期だろうが何だろうが、常に場がきれいであること。

これがホンモノ。

忙しさに心を奪われると、目が見えなくなる。

忙しいとは心を亡ぼすと書くが、心ではなく、それまで見えていたものが見えなくなることだと思います。

 

武道やスポーツでも上級者になるほど、周囲の動きがゆっくり見えるそうです。どんなに速く動いてもゆっくりとした動きと感覚だそうです。

 

周囲や相手がゆっくりと動く感覚。

これが「見えている」ということだと思います。

周囲がゆっくり動いているのだから、環境整備をするのも簡単になります。

 

忙しくなるほど場が乱れるというのは、まだ一流になってはいないということです。

会社が一流になっていないのですから、倒産に向かって邁進しているということも、あながちウソではありません。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 17, 2019

April 26, 2019

April 3, 2019

March 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square