• 清水信博

稼働率のウソ


どうしても機械を止めるのが嫌だという人は、 「自分の心臓を止めるのがいいか、目の前の機械を止めるのがいいか?」と問えばいい。 何億の機械だろうが、たかが機械でしかない。 大事な人間の生命を超えるようなものではない。 私たちは稼働率を高める為に仕事をしているのではない。 機械を動かす為ではなく、 お客様の要望にこたえる為に仕事をしているのです。 いつの頃からか、段取り回数は減らし、同じ仕様のものを大量に作り、メンテナンスは余計なものだといわれ、休まず動かしつづけることが美徳とされた。 そして人間性は隅っこに追いやられた。 これは「すべて間違い」である。 気づかぬうちに、

お客様志向という目的が、機械第一主義にすり替わってしまった。

喜劇王チャップリンの「モダンタイムス」という映画の訴えるところは、遠い過去ではなく現代でも通用する。 稼働率や生産性などは「すべて捨て去る」ところから、再考・再構築して良い。 そしてその成功事例は、すでに全国各所で出ている。


0回の閲覧

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.