• 清水信博

親を超える


親を超えると書くと、「何を言ってるんだ」と怒る人がいます。たしかに私の両親も素晴らしく、そうそう超える事はできないものだと痛感しています。 一方、我が子を見て「自分を超えていってほしい」と願う親は多いと思います。 誰もが同じ道を行かなくても、桜梅桃李であって良いのですが、より良くなってほしいと願うのは親心だと思います。 だからたぶん私の親も同じように感じていたのだと思います。 ですから私は親の願いどおり超えていこうと思っています。 私も何人かの弟子と言われる人たちを育ててきました。 その彼らには、やはり(私を)一足飛びで超えていってもらいたいと思うのです。 師の跡を追うべからず、師の目指したところを追え。 という名言があります。 跡を追っていたのではいつまで経っても二番でしかありません。超えていった先に、自分の道を見つけていってもらいたい。 そこから、オリジナリティが生まれてくると思うのです。 


0回の閲覧

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.