• 清水信博

働き方法案ヤマ場迎える国会 2018.0524


いえ、もうそれは私達は数年前に終わった話なんですが・・・・、と言いたい。 そう思うと、国先導型ではなく、民間先導型になってきたのかもしれません。 その原因のひとつが情報化社会という、誰もが世界中を見渡すことができる視野の拡大、知識の共有でしょう。 インターネットという線路が世界中に敷かれたとしても変わることはありません。ですが、その線路の上を何かが走ることがもらたす変化は、少し時間が経ってから表れてきます。 そしてその変化は、評論家の言う予言ではなく(彼らの予言はいつも見事にはずれます)、誰もが予測できない思わぬ変化が表れます。 15世紀から始まった、ルネサンスの三大革命といえば、印刷、羅針盤、火薬でしたが、印刷そのもので革命は起きなかった。 聖書を印刷したことにより広くあまねく布教活動が展開されたことによる宗教革命が起こりました。 私は印刷屋に勤めていたので、印刷に関することは原点までさかのぼって調べたことがあります。そこでルネサンス、グーテンベルグを知ったわけです。 私は乱読はしませんが、印刷屋はただ単にマル・サンカク・シカクを描いて、適当に色を塗って、驚かせて、これがデザインだといっても薄っぺらいものです。 ですから、仕事をする上で必要なものは原点までロープを掴んで登るように調べていきました。そうすれば本当の知識となる、と教わったものです。 まぁ、それはいいのですが、国に先んじて民間が実施してしまったというのは、じつに面白いことです。 今後ますます、お上の命令を待つのではなく、良いことは自分たちでやっていく。そういう自主的な経営というものが広がります。それが知識社会の拡大ということでしょう。


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

赤字事業、赤字製品

赤字事業、赤字製品は、それが何であれ「見切りをつける」ことが大事である。 よく見受けるのは、創業者が作ったものとか、この会社の存在意義、理念的なものという背景で、赤字事業や赤字製品を続けていることがある。 この対処には、つぎの三つの方法がある。 まず最初に赤字かどうかの判定は直接原価法でなければならない。間違っても人件費や経費などを上乗せしたコストは使ってはならない。 また事業の採算についても本社

収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びと

プロジェクトは捨てるに限る

プロジェクトにも賞味期限があります。 あれは生鮮食品みたいなものですから。 いつまでも成果が出ないプロジェクトを延々と続けるのは、人も資金も時間も浪費しているだけです。 中小零細企業などでは数ヶ月やって成果が見えないプロジェクトは「筋が悪い」のだからやめるのがいい。 TOCもそうです。成果が出ない企業はTOC導入をあきらめたほうがいいです。 そもそも合っていないのですから。 たかが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.