• 清水信博

過剰な細分化の弊害


まだ細かくするのか 宇宙から地球を眺めれば、業務フローなどちっぽけなものに映る。 そのちっぽけなものを、もっと細かくして何が得られるのだろう? デザインや企画などクリエイティブな仕事も、宇宙から眺めれば非クリエイティブといってる仕事と大差はない。 ようは、何かしらの仕事が入ってきて、決められた時間内で出ていく。ということでしかない。 中身はそれぞれあったとしても、それは「言い訳」のようなもので、保身であったり、自己顕示であったりするだけのこと。 時間は自己都合であろうと何であろうと待ってはくれない。 これだけが事実。 そうなれば、 余裕は最初で食いつぶすのがいいのか、 途中で食いつぶすのがいいのか、 最後で食いつぶすのがいいのか。 それだけを考えていけばいい。 それを自分たちで考えて答えを出していく。 他人に支配されるのではなく、自分たちで意思決定をしていく。 これこそ、クリエイティブ(創造的)思考であり、仕事はそこから始まっていく。


5回の閲覧

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.