• 清水信博

仕事を断る


仕事を断ることができないリーダーは最悪の事態を招く。 製造業などで、もうこれ以上入らない、満杯であるといったときに、長年のお客様から急ぎの仕事が入った。 この仕事は受けるべきかどうかと判断を迫られる時がある。 答えは「断ればいい」。 物理的にできもしないことを、なんとかやろうという精神論は立派だが、すぐに破綻する。たいがい他のお客様に納期割れという迷惑をかけるか、最後になってできませんといって怒鳴られるか。社員を怒らせてしまうかのいずれかだろう。 物理的にできないものを、できるというのは日本人の悪い癖で、太平洋戦争末期の頭の悪い上層部がそうだった。おかげで何万人も亡くなってしまった。 リーダーがバカだと下の者が苦しむのはいつの時代も同じ。 物理的にできないのであれば、できないという事をお客様に伝えて、他社を紹介したり、納期調整をするという方法を「最初に」考えるというのが正しい交渉。 言いにくいことは最初に言ったほうが、後になって楽になる。 先憂後楽だ。 なんでもかんでも、安請け合いしていると、投入過剰になって、やがてはTOCゲームのように、生産リードタイムが急上昇して儲からないし、顧客満足度は急下降。

まったく儲からない会社になってしまう。 できないことは、できないのです。


32回の閲覧

最新記事

すべて表示

赤字事業、赤字製品

赤字事業、赤字製品は、それが何であれ「見切りをつける」ことが大事である。 よく見受けるのは、創業者が作ったものとか、この会社の存在意義、理念的なものという背景で、赤字事業や赤字製品を続けていることがある。 この対処には、つぎの三つの方法がある。 まず最初に赤字かどうかの判定は直接原価法でなければならない。間違っても人件費や経費などを上乗せしたコストは使ってはならない。 また事業の採算についても本社

収入・コスト・利益

長年の経営分析によると、収入(PQ)、コスト(VQ+F)、利益(G)の年間の傾向値は、ほぼ比例関係を保っている。 つまり、収入が伸びれば、コストはその9割という具合に伸びてきた。 だから利益(G)はいつも収入の1割程度とされてきた。 よく言われる売上高経常利益率が10%あればというのがこれである。 だが、この比例関係を崩さなければ、企業は大きく飛躍することができない。 収入(PQ)の伸びと

プロジェクトは捨てるに限る

プロジェクトにも賞味期限があります。 あれは生鮮食品みたいなものですから。 いつまでも成果が出ないプロジェクトを延々と続けるのは、人も資金も時間も浪費しているだけです。 中小零細企業などでは数ヶ月やって成果が見えないプロジェクトは「筋が悪い」のだからやめるのがいい。 TOCもそうです。成果が出ない企業はTOC導入をあきらめたほうがいいです。 そもそも合っていないのですから。 たかが

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.