• 清水信博

何もないとき

年間スケジュールをみると、2020は思ったとおりスカスカになりました。 何十年も前なら心配で心配で、空白を埋めると安心して寝ることができたものです。  

この空白を埋めると安心するというのは仕事においても同様で、「やることが何も無い」という状況は不安を生みます。

その最たるものが定年後に会社にも行けず、何もすることがないときの不安感、焦燥感となります。 一方、普段の仕事においても「何もやることがない状況」は上司に怒られるかもしれないという不安にかられて、注文も無いのに材料を持ってきて加工します。 ですから仕事が無い時に「何をやるか」を上司ともども全員で決めておけばいいです。例えば環境整備だったり、技術訓練であったり。

そもそもやる仕事が無い責任は「経営者にある」のであって、現場の人間に責任などありません。

  また定年後にやることがないという人は、うまく会社を利用して人脈を作っておけばいいです。会社人間になり業者や銀行といった利害関係の付き合いなどがあっても、それは実にもろいものです。辞めた途端に水が引くように去っていきます。  

その時の不安に比べれば年間スケジュールに空白があることなど何でもありません。 年間スケジュールで大事な項目は外してはいけないのですが、何でもかんでも埋まってさえいればというのは計画でも何でもありません。  

木でいえば幹や大きな枝さえ押さえておけば、やがて葉っぱは出てくるものです。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付