• 清水信博

現実と乖離してはいけない

ゲーム理論によれば、現実をデフォルメ(変形・誇張)することによって、より現実を現すということがある。 だから現実に近づければ近づけるほど、逆に非現実的になることは多い。 このあたりがゲーム理論の面白いところである。  

TOC研修もダイスを振る行為やチップを動かすことは現実と似てはいるが現実そのものではない。だがゲーム化したことによって流れや滞留、速度といったものが見えてくる。 そしてその本質的なものから製造業だけでなく、多くのつながりをもった連鎖的な仕事の問題点が見えてくる。  

だからゲーム自体はできるだけシンプルであるほうが汎用性がある。 一方、ゲームを現実と異なるように変形させることは望ましいことではない。現実が主であり、ゲームは従の関係をよくわきまえて手を加えていくことだ。 ゲームが主になることは今も未来もない。 あくまでも人を助ける道具としてのゲームであるからだ。  

私がTOCゲームの5番、よりシンプルなDBR理論をゲーム化した時に最も悩んだのが、汎用性をもたせることと、いかにシンプルにするか、そして現実をあらわすかだった。  

シンプルであるほど汎用性は高くなる。 汎用性が高くなるほど現実に応用できる。 その想いで創った。  

出来上がったものを見た人は、こんなものかと思うだろう。 だがTOCの専門書の後半部分に20頁ほど紹介されていたS-DBR理論をゲームとして表現するのは苦心した。 このゲームこそが、DBR理論を超えるものであって、あらゆる不確実性を加味しつつ、システムが受ける衝撃を軽くする唯一の方法なのである。  

ゲームとは何のためにあるのか。 それはあくまでも人が成長するためにある。 事の本質を見抜く眼と、深く考える思考を磨いていくためにある。 そして現実をより良く変革していくためにある。  

ここをおろそかにすればゲームは単なる楽しいだけの遊びになる。そしてゲームの勝ち負けだけが目的となり、ゲーマーが幅を利かす。そして現実はいつまで経っても何も変わらない。  

教える方も、ゲームを通じた金儲けに終始していれば、それは教育者ではなく、志を忘れた拝金主義の人間でしかない。 そうなれば、教える者にとっては喜劇であり、教わる者にとっては悲劇となる。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

真の生産性向上

3人でやっている仕事を5人でやってはいけない。 人が増えると逆効率となることがある。 3人でやっていることを、2人で楽々と7割の時間でこなすこと。 それが正しい「仕組みづくり」である。 私は印刷会社の作業改革でわずか数ヶ月で生産性を10倍にした。 その論文は日本印刷技術協会に応募して賞をいただいた。 ここには、いくつかのヒントがある。 まず全工程を追跡調査したときに、何度も何度も同じ作業やチェック

高い目標

P.F.ドラッカーが言っている高い目標について考えてみる。 ①高い目標はリスク軽減。 通常、目標より実績のほうが低くなる傾向がある。そのために少し高い目標設定は実際的だといえる。また何らかのリスクに対応するための利益Bufferと見ることもできる。 ②高い目標は、現在いる社員のベースアップと、増員する新人の給与の両方の増額を見込んでいる。 ③必要利益を超過したものについては、企業の取り分(企業分配

ベテラン

ベテランという名の傲慢も、 還暦過ぎたら一回りなので、 初心に戻るといいのかもしれない。 長く同じ世界に浸かっていると、 すべてを知っているかのような錯覚に陥ることがある。 とくにベテランと言われる人はよほど注意したほうがいいようだ。 それは言動に現れる。 言葉が荒っぽく、汚くなってきたらもう危ない。 年下の人にも敬意を払うことだ。 母は孫が二十歳を過ぎた瞬間に「○○ちゃん」から、 「○○さん」と

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.