• 清水信博

額に汗して

バブル時代は働かなくとも株が稼いでくれた。そしてはじけた瞬間に誰もが額に汗して働くことの重要性を訴えた。やがてしばらくすると架空通貨が現れて、働かなくともAIが稼いでくれるというものが出た。こうして時代を眺めると、額に汗して儲けるときと、何もせずに懐に金がはいってくるときとが交互に訪れている。

世界大恐慌に恐れて、高度成長にうかれてというのも同じこと。

時代や環境がどうであれ、やはり儲けるためには、努力しなければ活きたお金にはならない。

よく働かずに頭を使ってという人が登場するが、いつのまにか舞台から消え去っている。ようはそんなことは長続きはしないという証明だろう。


知識社会到来と言われて十数年経つが、私は知識社会とは他人の褌で相撲をとることではないと思ってきた。全員で額に汗をかいて、考え抜いて、失敗と成功体験を重ねて、貴重な利益を生みだし続ける姿勢が好不況に左右されない体質をつくると信じてきた。


頭でっかちの組織は、じつは最も弱い組織。 それは、智慧社会ではなく、単にデータが集まっているだけ。 データが多いから良いのではなく、少ないデータを縦横無尽に活かし切るところに本当の知恵の活用がある。


いずれにしろ、またミニバブルというか、額に汗してではなく、安易なマネーゲームが広がっているのは、あまり良いことではないと私は思う。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付