• 清水信博

なぜ職業を決めてしまうのか?


なぜ高卒は現場で、大卒は営業や事務で一生を終えるのか?

じつに不思議なことですが、私の体験でも、現場の人間が営業職になることも、その逆も実に珍しいことでした。

営業マンに給料を20%多くするから、来期から現場作業員として働いてくれと言っても彼は嫌がります。 その逆も嫌がるのですが、現場の人間は、できれば華やかな仕事をという願望があったりします。慣れてないから手を挙げられないということもあります。 仕事の適正は、本人も分からないので、やってみなければ分かりません。高卒だから大卒だからということではないのですが、なぜか現場に入ったら一生現場でアチコチ配置転換はありますが定年を迎えます。 私は現場育ちなので、こうした現象を「おかしい?」と思っていました。社長の息子だったので社員教育の担当になりましたが、当時の仲間は現場なら現場で定年を迎えています。 現場・営業・事務・役員。 こういった仕事の中で、ほとんど移動がないままの中小零細企業は多いと思うのです。いえ、大企業なども多いと思います。 いまの社員教育は、現場なら現場で一生終えるという枠組みの中で「どうしたら貴方は我慢して仕事ができるか?」を話し合っているようにも見えます。 じゃあ、どうしたらいいんだという解決策ではなく、 「なぜ? 人の一生を決める職業を学歴だとか、最初の所属先で決めてしまうのか?」ということを疑問に思っただけです。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付

経営を知る

いち社員が経営を身につけようとするとき 未知の体験を何度も何度もこなし 多くの時間を費やさなければならない とするならば 彼は嵐の暗黒の海に向かって船出する 気分になるだろう。 たとえそれが事実であるとしても 少し波は荒いが それは晴れた大海原への旅路である と思ってほしい。   そしてこの地上の ありとあらゆるものが すでに見つけ出されてしまったという 一抹の寂しさを抱く必要はない。 私達の眼

労働分配率と企業分配率

人件費÷付加価値(F1/MQ)=労働分配率 この労働分配率は誰もが知っている有名な率である。 労働分配率は別名、社員分配率ともいう。 一方、 (人件費以外の固定費+経常利益)÷付加価値= (F2+F3+F4+F5+G)/MQ これが企業分配率であることを知っている人は少ない。 【事例研究】 F1=40 , F2=30 , F3=10 , F4=10 , F5=10 G=40 MQ=F1+F2+F3

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.