• 清水信博

なぜ職業を決めてしまうのか?


なぜ高卒は現場で、大卒は営業や事務で一生を終えるのか?

じつに不思議なことですが、私の体験でも、現場の人間が営業職になることも、その逆も実に珍しいことでした。

営業マンに給料を20%多くするから、来期から現場作業員として働いてくれと言っても彼は嫌がります。 その逆も嫌がるのですが、現場の人間は、できれば華やかな仕事をという願望があったりします。慣れてないから手を挙げられないということもあります。 仕事の適正は、本人も分からないので、やってみなければ分かりません。高卒だから大卒だからということではないのですが、なぜか現場に入ったら一生現場でアチコチ配置転換はありますが定年を迎えます。 私は現場育ちなので、こうした現象を「おかしい?」と思っていました。社長の息子だったので社員教育の担当になりましたが、当時の仲間は現場なら現場で定年を迎えています。 現場・営業・事務・役員。 こういった仕事の中で、ほとんど移動がないままの中小零細企業は多いと思うのです。いえ、大企業なども多いと思います。 いまの社員教育は、現場なら現場で一生終えるという枠組みの中で「どうしたら貴方は我慢して仕事ができるか?」を話し合っているようにも見えます。 じゃあ、どうしたらいいんだという解決策ではなく、 「なぜ? 人の一生を決める職業を学歴だとか、最初の所属先で決めてしまうのか?」ということを疑問に思っただけです。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付