• 清水信博

生産性・稼働率


儲からない会社が生産性を上げようとすると間違った方向に行く場合があります。 生産性を上げようと言うと、経営者や上司は、すぐにCDK(忠誠心、努力、根性)を求めます。 しかしながら、この三つを経営者にやってごらんと言うと、三日ももちません。すぐに投げ出してしまいます。 役員だろうが、上司だろうが、現場で「真面目に、休まず、忠誠心をもって仕事を続け」られるわけがありません。 この三つを続けようとすれば、「必ず誰かが犠牲に」なります。社員か、家族か、仕入先か、お客様か、本人か・・・。 生産性が上がらないのは、休まず真面目に愛社精神を持っていないからではありません。 それは勘違いです。 ようは、 ひたすら儲からない製品を作り、 儲からないお客様を相手に、 誰もいない市場に売りに行って、 価格を叩き合って自滅し、 勝手に不良在庫の山を築いて、 資金難で苦しんでいるだけのことです。 すべて自分の責任、経営者の責任である(意思決定)にも関わらず、それを社員に「生産性が低い」と叫んで責任転嫁しているにすぎません。 ですから、生産性を上げようとするならば、さらに大汗をかいて無駄な努力を重ねるのではなく、普通の力で十分な成果を上げる方法、組み合わせ、などを考えることが正しいやり方です。 そうでなければ、私達は年々生産性をあげるためには、寝る間も惜しんで会社で働くしかなくなります。 そんな人生は最悪です。 そうならない為に、私達は賢い仕事のやり方、豊かな人生をすごそうとして、各所で「学んでいる」のではないでしょうか。 まさにそれは、有名大学に入って大企業に勤めてというための知識量を増やすのではなく、「活きた智慧」を身につけていきたいということでしょう。

知識社会の入り口に立つということは、そういうことだと私は思います。知識こそ量ではなく質が大事です。


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

真の生産性向上

3人でやっている仕事を5人でやってはいけない。 人が増えると逆効率となることがある。 3人でやっていることを、2人で楽々と7割の時間でこなすこと。 それが正しい「仕組みづくり」である。 私は印刷会社の作業改革でわずか数ヶ月で生産性を10倍にした。 その論文は日本印刷技術協会に応募して賞をいただいた。 ここには、いくつかのヒントがある。 まず全工程を追跡調査したときに、何度も何度も同じ作業やチェック

高い目標

P.F.ドラッカーが言っている高い目標について考えてみる。 ①高い目標はリスク軽減。 通常、目標より実績のほうが低くなる傾向がある。そのために少し高い目標設定は実際的だといえる。また何らかのリスクに対応するための利益Bufferと見ることもできる。 ②高い目標は、現在いる社員のベースアップと、増員する新人の給与の両方の増額を見込んでいる。 ③必要利益を超過したものについては、企業の取り分(企業分配

ベテラン

ベテランという名の傲慢も、 還暦過ぎたら一回りなので、 初心に戻るといいのかもしれない。 長く同じ世界に浸かっていると、 すべてを知っているかのような錯覚に陥ることがある。 とくにベテランと言われる人はよほど注意したほうがいいようだ。 それは言動に現れる。 言葉が荒っぽく、汚くなってきたらもう危ない。 年下の人にも敬意を払うことだ。 母は孫が二十歳を過ぎた瞬間に「○○ちゃん」から、 「○○さん」と

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.