• 清水信博

生産性・稼働率


儲からない会社が生産性を上げようとすると間違った方向に行く場合があります。 生産性を上げようと言うと、経営者や上司は、すぐにCDK(忠誠心、努力、根性)を求めます。 しかしながら、この三つを経営者にやってごらんと言うと、三日ももちません。すぐに投げ出してしまいます。 役員だろうが、上司だろうが、現場で「真面目に、休まず、忠誠心をもって仕事を続け」られるわけがありません。 この三つを続けようとすれば、「必ず誰かが犠牲に」なります。社員か、家族か、仕入先か、お客様か、本人か・・・。 生産性が上がらないのは、休まず真面目に愛社精神を持っていないからではありません。 それは勘違いです。 ようは、 ひたすら儲からない製品を作り、 儲からないお客様を相手に、 誰もいない市場に売りに行って、 価格を叩き合って自滅し、 勝手に不良在庫の山を築いて、 資金難で苦しんでいるだけのことです。 すべて自分の責任、経営者の責任である(意思決定)にも関わらず、それを社員に「生産性が低い」と叫んで責任転嫁しているにすぎません。 ですから、生産性を上げようとするならば、さらに大汗をかいて無駄な努力を重ねるのではなく、普通の力で十分な成果を上げる方法、組み合わせ、などを考えることが正しいやり方です。 そうでなければ、私達は年々生産性をあげるためには、寝る間も惜しんで会社で働くしかなくなります。 そんな人生は最悪です。 そうならない為に、私達は賢い仕事のやり方、豊かな人生をすごそうとして、各所で「学んでいる」のではないでしょうか。 まさにそれは、有名大学に入って大企業に勤めてというための知識量を増やすのではなく、「活きた智慧」を身につけていきたいということでしょう。

知識社会の入り口に立つということは、そういうことだと私は思います。知識こそ量ではなく質が大事です。


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

額に汗して

バブル時代は働かなくとも株が稼いでくれた。そしてはじけた瞬間に誰もが額に汗して働くことの重要性を訴えた。やがてしばらくすると架空通貨が現れて、働かなくともAIが稼いでくれるというものが出た。こうして時代を眺めると、額に汗して儲けるときと、何もせずに懐に金がはいってくるときとが交互に訪れている。 世界大恐慌に恐れて、高度成長にうかれてというのも同じこと。 時代や環境がどうであれ、やはり儲けるためには

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え