• 清水信博

一流、二流、三流


良き師を持つことが最大の幸福への道であることは誰もが知っている。

だが、良き師から厳しい訓練を受けたものだけが三流から二流への階段を登る。 良き師は厳しい。 やがてリーダーになる者が甘やかされて育ったのでは、その後続く者は育たない。

経営者のボンクラ息子も厳しい訓練を受ければそれなりの経営者になるが、そうでなければ会社を倒産させてしまう。 また師亡き後に慢心すれば組織は壊滅し社員は路頭に迷う。 ところが二流から一流への階段は富士の山ほども高い。 そこで受けた厳しい訓練を忘れ、なごやかで、痛いことを言わず、穏便に過ごすことを求めるようになる。 それは嫌われたくないから。 妥協はここからはじまる。 やがて戦うことを忘れた翼の折れたシーガルは浜辺で残飯を漁るようになる。 厳しくもあり、優しくもありという一流への道は自分が今度は後輩を育てる番だという意識がいる。 そして立派な人間を次々と育てたという成果こそが最大の実証である。

それを、この世を去るときになって悔やんでももう遅い。

後藤新平の言葉として有名だが、事実は中国の白楽天の四十数代目の白先生の言葉。

「財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり。

されど、財なさずんば事業保ち難く、事業なくんば人育ち難し」


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節変動について考える

季節変動といえば、有名なものは「ニッパチ」で、2月と8月は暇になるといわれた。 だが、私は季節変動を次のように捉えている。 それは、「ボトルネックというリソース(資源)が、フル活用される期間と、半分以下しか活用されない期間が顕著に現れること」と。 このように考えれば、季節変動とは、ある月、ある季節に限ったこととはいえなくなる。 ところが、このリソースの負荷量には、二つのものがある。 一つはマーケッ

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付