• 清水信博

世の中は「STOCKとFLOW」で成り立っている


道路の側溝から水が溢れ出している。

この解消方法には二種類ある。

ひとつは枯れ葉などのゴミを高圧洗浄機などの強い水流で流してしまうことである。こうすれば水は再び勢いよく流れ始める。だが下流域で再び水が溢れ出すかもしれない。

もうひとつの方法は、枯れ葉を取り除くことである。このようにしても水は勢いよく流れる。

水の流れはFLOWであり、溜まっている枯れ葉はSTOCKである。

そこで最初の勢いよく(FLOW)流してしまうという方法と、溜まった枯れ葉(STOCK)を取り除く方法のいずれが簡単かとなると、STOCKを取り除くほうがはるかに簡単であることがわかる。

つまり水の流れ(水流)を速くしたいのであれば、障害物を取り除けばよい。

TOC理論はFLOWの科学ともいえるが、FLOWを良くするためには、上記のような方法で過剰在庫というSTOCKを取り除くと良い。 

これは会計恒等式でいうと、

前繰+当期inー当期out=次繰

であるが、少し加工すれば次のようになる

前繰ー次繰=当期outー当期in

もしくは

当期inー当期out=次繰ー前繰

でもよい。

つまり、STOCK差はFLOW差と同じである。

そこでSTOCKを制御すれば、FLOWも抑えることができるということになる。だからFLOWを意識しなくとも期待する効果はあがる。

■仕事では

さて、そこで最短時間で製造をしたいのであれば、やはり全行程の中にある障害物を取り除けば良いということになる。

何故特急仕事は速いのか?

それは障害物がないから「待ち時間が減少する」ということであって、決してFLOWを早めたわけではないことがわかる。

■流体力学や渋滞学は役立つ

水の流れ、空気の流れといった流体力学はTOCを学ぶ上で共通点が多く役立つ。

また渋滞学も同様に役立つ。

いずれも流れに関する学問であるから。


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

集団について

■第一集団「優れた嗅覚」 何でもそうだが、はじめて世の中に出た時に、最も嗅覚の優れたものが飛びつく。 彼らはこれで会計も経営も理解できると大喜びした。 ところが嗅覚が鋭いために、しばらくすると、別のものに飛びついていく。 これが第一集団の特長であって、探すという行為はすぐれているが、理解という点については深く学ぶ前に目移りする傾向がある。 私は先生のご自宅に伺って書斎で懇談をした時のことをよく覚え

生産性の正しい把握

生産性とは、OUTPUT÷INPUTで、どれだけの投入(in)で、どれくらいの産出(out)を得たかということである。 例えば、付加価値100を得るにあたり、4名で成し遂げたとすれば、100÷4名=25(これを労働生産性という)になる。 <間違った用語の使用> まず、付加価値は企業が生みだした真の価値であるが、分母の投入もまた「価値」なのである。一人当たりという人間(という価値)が、どのくらいの付

経営を知る

いち社員が経営を身につけようとするとき 未知の体験を何度も何度もこなし 多くの時間を費やさなければならない とするならば 彼は嵐の暗黒の海に向かって船出する 気分になるだろう。 たとえそれが事実であるとしても 少し波は荒いが それは晴れた大海原への旅路である と思ってほしい。   そしてこの地上の ありとあらゆるものが すでに見つけ出されてしまったという 一抹の寂しさを抱く必要はない。 私達の眼

★​旧SP研のHPはこちらから。

株式会社ソフトパワー研究所

〒950-0921

新潟県新潟市中央区京王1-20-5

TEL:025-287-0535

FAX:025-287-1214

Copyright © 株式会社 ソフトパワー研究所 All Rights Reserved.