• 清水信博

世の中は「STOCKとFLOW」で成り立っている


道路の側溝から水が溢れ出している。

この解消方法には二種類ある。

ひとつは枯れ葉などのゴミを高圧洗浄機などの強い水流で流してしまうことである。こうすれば水は再び勢いよく流れ始める。だが下流域で再び水が溢れ出すかもしれない。

もうひとつの方法は、枯れ葉を取り除くことである。このようにしても水は勢いよく流れる。

水の流れはFLOWであり、溜まっている枯れ葉はSTOCKである。

そこで最初の勢いよく(FLOW)流してしまうという方法と、溜まった枯れ葉(STOCK)を取り除く方法のいずれが簡単かとなると、STOCKを取り除くほうがはるかに簡単であることがわかる。

つまり水の流れ(水流)を速くしたいのであれば、障害物を取り除けばよい。

TOC理論はFLOWの科学ともいえるが、FLOWを良くするためには、上記のような方法で過剰在庫というSTOCKを取り除くと良い。 

これは会計恒等式でいうと、

前繰+当期inー当期out=次繰

であるが、少し加工すれば次のようになる

前繰ー次繰=当期outー当期in

もしくは

当期inー当期out=次繰ー前繰

でもよい。

つまり、STOCK差はFLOW差と同じである。

そこでSTOCKを制御すれば、FLOWも抑えることができるということになる。だからFLOWを意識しなくとも期待する効果はあがる。

■仕事では

さて、そこで最短時間で製造をしたいのであれば、やはり全行程の中にある障害物を取り除けば良いということになる。

何故特急仕事は速いのか?

それは障害物がないから「待ち時間が減少する」ということであって、決してFLOWを早めたわけではないことがわかる。

■流体力学や渋滞学は役立つ

水の流れ、空気の流れといった流体力学はTOCを学ぶ上で共通点が多く役立つ。

また渋滞学も同様に役立つ。

いずれも流れに関する学問であるから。


閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

経営者の器が大きければ それに見合った規模になればいいし、 器が小さければ 小さいままでやっていけばいい。 そういうことだと思います。 だから私はマイクロ企業のままでいくし、 それでいいと思っています。 悲劇は、 器の小さいものが大規模の舵取りを するようになったときであり、 喜劇は、 その逆のときである。

若い頃凄いと言われた人は早期熟成型。若い頃は大したことがないけれども年輪を重ねるに従って頭角を表すのが大器晩成型。 私はどちらがいいかというよりも、これはエネルギー量の問題かもしれないと思っている。 早期熟成型は若い頃エネルギーの大半を消費して活躍。 大器晩成型は省エネで過ごして、晩年エネルギーを消費して活躍ということかもしれない。 エネルギー量も「in-out-残」でいうと、使用するだけだと、ど

これまでの経営理論の登場人物は男性ばかりでした。 歴史上の著名人も同様でした。 ところが、ここ最近、フォレット、ナイチンゲール、イーガー博士、レイチェル・カーソンなどを読んでいてふと気づきました。 それは、男性的経営は力強いかもしれませんが、男臭いし、どこか権力の臭いがします。そして平等という声もうつろに聞こえます。たぶん、私が抱いたマネジメントの違和感はこれだったのかもしれません。 ですから、マ